APIの脆弱性診断学習用コンテンツ「Tiredful API」を解説 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

APIの脆弱性診断学習用コンテンツ「Tiredful API」を解説

日本電気株式会社(NEC)は11月5日、APIの脆弱性診断のスキル向上に役立つ学習コンテンツ「Tiredful API」について、同社セキュリティブログで解説している。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 日本電気株式会社(NEC)は11月5日、APIの脆弱性診断のスキル向上に役立つ学習コンテンツ「Tiredful API」について、同社セキュリティブログで解説している。

 「Tiredful API」は、Siddharth Bezalwar氏が作成したツールで、APIを作成する開発者やセキュリティ技術者がAPIのセキュリティについて学習できるよう、あらかじめAPIアプリケーションに基本的な脆弱性を盛り込んで作られた学習用コンテンツで、GPL3.0で公開されている。

 Tiredful APIには下記の6つの脆弱性が含まれている。

・Information Disclosure
・Insecure Direct Object Reference
・Access Control
・Throttling
・SQL Injection
・Cross Site Scripting

 同ブログでは、Tiredful APIのセットアップから、6つの脆弱性のチャレンジについて解説している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×