2024年2月 MBSD-SOC 検知傾向、Ivanti 社製品の脆弱性狙う攻撃が増加 | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

2024年2月 MBSD-SOC 検知傾向、Ivanti 社製品の脆弱性狙う攻撃が増加

 三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は3月12日、2024年2月度 MBSD-SOCの検知傾向トピックスについて同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は3月12日、2024年2月度 MBSD-SOCの検知傾向トピックスについて同社ブログで発表した。

 同ブログによると、2024年1月度のトピックで報告した「Ivanti Connect Secure(旧: Pulse Connect Secure)およびIvanti Policy Secureゲートウェイの脆弱性」を狙った攻撃が2月に増加しているという。

 Ivanti社製品については米国時間1月10日に、認証バイパスの脆弱性(CVE-2023-46805)とコマンドインジェクションの脆弱性(CVE-2024-21887)が公開されて以降、2月に権限昇格の脆弱性(CVE-2024-21888)、SSRFの脆弱性(CVE-2024-21893)、XML外部エンティティインジェクションの脆弱性(CVE-2024-22024)が新たに公開され、各脆弱性において、PoC(概念実証コード)が公開されており、今後も攻撃が継続することが推測されるため、同社では当該製品を使用している場合は、早急な対策を推奨している。

 Ivanti社製品の脆弱性を狙った攻撃元国について、1月に1位だったアメリカ(78.4%)からの攻撃は2月も21.5%と多数観測しているが、新たにオランダ(36.2%)とドイツ(21.1%)からの攻撃が増加しているとのこと。

 同社では、Ivanti社が提供している詳細情報を確認の上で、最新のパッチや回避策の適用を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×