Cylance製品に文字列追加でマルウェア検知を回避される問題(JVN) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

Cylance製品に文字列追加でマルウェア検知を回避される問題(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Cylanceが提供するAIベースのアンチウイルス製品には、悪性コンテンツを良性なものであると誤認識してしまう問題が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月2日、Cylanceが提供するAIベースのアンチウイルス製品には、悪性コンテンツを良性なものであると誤認識してしまう問題が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

「2019年7月21日より前の状態の Cylance の AI ベースのアンチウイルス製品」には、マルウェアファイルに改変を加えることで、良性であるとCylance 製品が判断するようなファイルを作成することが可能であることが、機械学習アルゴリズムの調査を行った研究グループにより報告された。文字列を末尾に追加するだけで、Dridex、Gh0stRAT、Zeusなどのマルウェアの検知を回避できたという。JVNでは、パッチの適用や、多層防御の考え方を取り入れたシステム構成を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×