[DEF CON 23] 正しい標的型攻撃メール訓練の運用法、ソーシャルエンジニアリングの国際的権威クリス・ハドナジーに聞く 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2021.10.17(日)

[DEF CON 23] 正しい標的型攻撃メール訓練の運用法、ソーシャルエンジニアリングの国際的権威クリス・ハドナジーに聞く 1枚目の写真・画像

「報告」は大切な効果測定要素です。理想的なのは、フィッシングと察知し、開封前にその存在を報告する従業員です。反対に「開封しなかったが報告を怠った」「開封したが報告した」「開封してなおかつ報告を怠った」これらの従業員すべてに改善の余地があります。

研修・セミナー・カンファレンス
ソーシャルエンジニアリングの国際的権威 Chris Hadnagy (クリス・ハドナジー)氏と株式会社アズジェントのセキュリティ・プラス ラボ所長 駒瀬 彰彦 氏
ソーシャルエンジニアリングの国際的権威 Chris Hadnagy (クリス・ハドナジー)氏と株式会社アズジェントのセキュリティ・プラス ラボ所長 駒瀬 彰彦 氏

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×