GIMP の Script-Fu サーバコンポーネントにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

GIMP の Script-Fu サーバコンポーネントにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

GIMP の Script-Fu サーバコンポーネントにバッファオーバーフローを引き起こしてしまう脆弱性が報告されました。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
1.概要
GIMP の Script-Fu サーバコンポーネントにバッファオーバーフローを引き起こしてしまう脆弱性が報告されました。
リモートの第三者に利用された場合、Script-Fu サーバを不正に停止される、あるいはシステム上で不正な操作が実行される可能性があります。
Script-Fu サーバ機能を利用する環境では、深刻な影響を受ける可能性があるため、対象のユーザは可能な限り以下に記載する対策を実施することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
CVE-ID 未割り当てのため、現状なし


3.影響を受けるソフトウェア
GIMP 2.6.12 以前

※影響を受けるバージョンの GIMP が含まれる、Linux ディストリビューションにおいても、この脆弱性の影響を受ける可能性があります。


4.解説
GIMP(GNU Image Manipulation Program)は、オープンソースで開発されている多彩な機能を備えたフリーの画像編集ソフトウェアであり、コマンドラインから GIMP の操作に対応するスクリプト言語 Script-Fu を利用可能な機能が実装されています。

GIMP の Script-Fu サーバコンポーネントには、Script-Fu スクリプトコマンドのチェックに不備があるため、当該コマンドに過度に長い文字列が指定された不正なメッセージを処理した場合に、バッファオーバーフローが発生する脆弱性が存在します。

この脆弱性を利用することで、リモートの攻撃者は Script-Fu サーバをクラッシュさせサービス不能状態にする、あるいは GIMP を実行するユーザの権限で任意のコードが実行可能となります。

なお、Script-Fu サーバ機能が有効な環境のみが、この脆弱性の影響を受けます。


5.対策
以下の Web サイトより GIMP 2.8.0 以降を入手しアップデートすることで、
この脆弱性を解消することが可能です。
あるいは、Script-Fu サーバ機能を無効にすることで、この脆弱性を回避する
ことが可能です。

GIMP 2.8.0:
http://www.gimp.org/downloads/


6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー脅威分析センター

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×