標的型サイバー攻撃(2 ページ目) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

標的型サイバー攻撃(2 ページ目)


標的型サイバー攻撃対策 製品・サービス一覧
従来型対策をすり抜けてくる攻撃に対応するための「新しい発想やアイデアがある製品・サービス」「新しい機能が追加された製品・サービス」「その他、攻撃に有効性がある製品・サービス」を、「入口対策」「内部対策」「出口対策」の3カテゴリに分類。


[インタビュー]
マルウェア対策よりハッキング対策、標的型サイバー攻撃対策
標的型サイバー攻撃の実態と、対策製品の種類と用途、具体的製品名称、それぞれの有効性について、最新のサイバー脅威に詳しい株式会社ラックの上級サイバー分析官、岩井博樹氏に聞いた。
関連記事
APT攻撃 標的型メール攻撃 中華人民共和国 ハッカー ボットネット Far East Research 株式会社ラック(LAC) ソリトンシステムズ 株式会社パイオリンク(PIOLINK) 富士通研究所
制御システムを狙うサイバー攻撃をおとり調査で探る ~日本の社会インフラに壊滅的ダメージを与えうる攻撃も確認(1) 画像
特集 Trend Micro

制御システムを狙うサイバー攻撃をおとり調査で探る ~日本の社会インフラに壊滅的ダメージを与えうる攻撃も確認(1)

トレンドマイクロが制御システムを狙うサイバー攻撃を探るおとり調査を実施した結果、攻撃者から「おとり」に対して仕掛けられた攻撃は、現実に存在する社会インフラに甚大な被害をもたらし得るものでした。

2013年上半期 標的型サイバー攻撃の実態に迫る~侵入を前提とした対策への転換を(2) 画像
特集 Trend Micro

2013年上半期 標的型サイバー攻撃の実態に迫る~侵入を前提とした対策への転換を(2)

標的型サイバー攻撃の目的は、機密情報の窃取であり、組織内への「侵入」ではありません。このため、自社にとっての機密情報とは何か、守るべき情報資産とは何かを考え、侵入を前提とした対策を講じることが重要です。

2013年上半期 標的型サイバー攻撃の実態に迫る~侵入を前提とした対策への転換を(1) 画像
特集 Trend Micro

2013年上半期 標的型サイバー攻撃の実態に迫る~侵入を前提とした対策への転換を(1)

侵入を前提とした対策が整備されていない組織が狙われた場合、事業経営にまで影響する損失につながる可能性さえあります。侵入を前提とした対策の重要性を改めて認識させられる攻撃の実態が、今回の調査から明らかになりました。

標的型メール攻撃は「ばらまき型」から「やりとり型」へ、巧妙化が進む(警察庁) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

標的型メール攻撃は「ばらまき型」から「やりとり型」へ、巧妙化が進む(警察庁)

警察庁は、2013年上半期のサイバー攻撃情勢について発表した。同期間中も引き続き、国内の民間事業者などに対して情報窃取を目的とした標的型メール攻撃が行われた。

最新の標的型攻撃を分析--情報収集には正規ツールを活用(トレンドマイクロ) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

最新の標的型攻撃を分析--情報収集には正規ツールを活用(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「2013年上半期 国内における持続的標的型攻撃の分析レポート」を公開した。

[インタビュー]Sandbox製品部門で顧客満足度1位、Trend Micro Deep Discovery 画像
特集 吉澤亨史

[インタビュー]Sandbox製品部門で顧客満足度1位、Trend Micro Deep Discovery

株式会社イードが実施したセキュリティ製品およびサービスの顧客満足度調査「イード・アワード 2013」において、標的型攻撃対策製品の部でトレンドマイクロ株式会社の「Trend Micro Deep Discovery(以下 Deep Discovery)」が総合満足度1位となった。

多彩な検知技術や製品連携が強み、マカフィーの提唱する標的型攻撃対策とは(マカフィー) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤亨史

多彩な検知技術や製品連携が強み、マカフィーの提唱する標的型攻撃対策とは(マカフィー)

今回、同社のプロダクトマーケティング部、シニアプロダクトマーケティングスペシャリストである中村穣氏に、最新のサイバー攻撃対策や新製品などについてうかがった。

標的型攻撃対策はイントラネットの自己点検から(アズビル セキュリティフライデー) 画像
特集 ScanNetSecurity

標的型攻撃対策はイントラネットの自己点検から(アズビル セキュリティフライデー)

標的型攻撃で行われる、隠蔽工作の手法の中で、最も簡単なものは、リテラシーの低い、いわゆるIT弱者を利用することです。

[Security Days 2013 インタビュー] 武器よりもそれを使う攻撃者の分析が重要(マクニカネットワークス) 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

[Security Days 2013 インタビュー] 武器よりもそれを使う攻撃者の分析が重要(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークス株式会社は、セキュリティ、ネットワーク、テレコム関連の商品開発や輸入販売を行う。

[Security Days 2013 インタビュー] 標的型攻撃、仮想化、BYODは「実態を見えなく」する--「SKYSEA」で可視化(Sky) 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

[Security Days 2013 インタビュー] 標的型攻撃、仮想化、BYODは「実態を見えなく」する--「SKYSEA」で可視化(Sky)

ITが便利になっている反面、「実態が見えない」状態になっていると感じています。標的型攻撃はターゲットに気づかれないように攻撃しますし、仮想化は物理環境を見えなくしてしまいます。BYODでは従業員が実際に何をしているかの把握が難しくなっている。

FireEyeとImperva統合で何ができるのか(ネットワークバリューコンポネンツ) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

FireEyeとImperva統合で何ができるのか(ネットワークバリューコンポネンツ)

ネットワークバリューコンポネンツは、「FireEye&Impervaセキュリティセミナー:外部攻撃と内部漏えいの脅威から情報資産を徹底的に防御」を2月26日に開催する。

[インタビュー]監視体制に基づいた、青年団的セキュリティ事故対応組織を(NTTデータ先端技術) 画像
特集 吉澤亨史

[インタビュー]監視体制に基づいた、青年団的セキュリティ事故対応組織を(NTTデータ先端技術)

標的型サイバー攻撃の現状と対策に関する、同社セキュリティ事業部のセキュリティアーキテクチャグループ長である植草祐則氏へのインタビュー第2回目では、事故発生後の対応について話を聞いた。

[インタビュー]標的型攻撃は、ひとりヒットしたら目的を達成し素早く逃げる(NTTデータ先端技術) 画像
特集 吉澤亨史

[インタビュー]標的型攻撃は、ひとりヒットしたら目的を達成し素早く逃げる(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術株式会社は、セキュリティ分野における幅広い知識やノウハウと、多様なニーズに対し付加価値の高いサービスを提供している。今回は標的型サイバー攻撃とその対策について、同社セキュリティ事業部の植草祐則氏に話を聞いた。

【対談】日本はIT技術活用では後進国、「開国」後は狩り場になる 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤亨史

【対談】日本はIT技術活用では後進国、「開国」後は狩り場になる

オンラインバンキングを乗っ取って送金するという手口は、日本にもやってきました。これは、国際的な犯罪組織が日本をマーケットとして見出した、そして日本の犯罪組織も国際化したということです。今年は『サイバー犯罪開国元年??』かも知れません。

【インタビュー】誰もが「最初の被害者」、標的型サイバー攻撃は出口対策が必須(デジタルアーツ) 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

【インタビュー】誰もが「最初の被害者」、標的型サイバー攻撃は出口対策が必須(デジタルアーツ)

従来のセキュリティ対策は、何か被害が発生してはじめて問題が明らかになり、情報収集と分析を行い、対応を行うというプロセスを踏んでいました。標的型サイバー攻撃は事情が異なります。

セキュリティの基礎体力作りとは、標的型サイバー攻撃対策 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

セキュリティの基礎体力作りとは、標的型サイバー攻撃対策

僕は、いままであたりまえにやってこなければならなかったことをちゃんとやること以外ないと思います。それは、きちんとパッチをあてたり、ファイルのアクセス権やアカウント管理をしたり、PDCAサイクルをきちんと回すといった、ごく普通の管理です。

【インタビュー】リスクをゼロにはできない、標的型サイバー攻撃対策(GSX) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

【インタビュー】リスクをゼロにはできない、標的型サイバー攻撃対策(GSX)

実戦同様のサイバー攻撃を実施し、システムの脆弱性を診断する「タイガーチームサービス」を日本で最初に提供したのがグローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)だ。標的型サイバー攻撃とその対策について、同社取締役 多山 信彦 氏に話を聞いた。

【インタビュー】攻撃者が欲しがっている情報を把握する、標的型サイバー攻撃対策 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

【インタビュー】攻撃者が欲しがっている情報を把握する、標的型サイバー攻撃対策

標的型サイバー攻撃を行う攻撃者はITのプロということを認識した対策が必要で、そこに100%はありません。入口対策のレベルアップはもちろん、内部と出口をうまく組み合わせて脅威の緩和につとめて欲しいと思います。特に内部は脅威が一番わかりやすく出てきます。

【インタビュー】忘れられがちな内部対策、標的型サイバー攻撃対策 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

【インタビュー】忘れられがちな内部対策、標的型サイバー攻撃対策

標的型サイバー攻撃の実態と、対策製品の種類と用途、具体的製品名称、それぞれの有効性について、最新のサイバー脅威に詳しい株式会社ラックの上級サイバー分析官、岩井博樹氏に聞いた。

【インタビュー】標的型攻撃、スイッチを利用した内部対策の有効性(パイオリンク) 画像
特集 株式会社イメージズ・アンド・ワーズ 鳴海まや子

【インタビュー】標的型攻撃、スイッチを利用した内部対策の有効性(パイオリンク)

社内にマルウェアが潜入すると、まず最初に行うことは社内ネットワークの情報取得です。ここで重要なのは、こうした攻撃基盤構築時の物色の多くが、あくまで社内ネットワーク内で行われることにより、従来の入口・出口対策では検知できないことです。

【インタビュー】マルウェア対策よりハッキング対策、標的型サイバー攻撃対策 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

【インタビュー】マルウェア対策よりハッキング対策、標的型サイバー攻撃対策

標的型サイバー攻撃の実態と、対策製品の種類と用途、具体的製品名称、それぞれの有効性について、最新のサイバー脅威に詳しい株式会社ラックの上級サイバー分析官、岩井博樹氏に聞いた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 2 of 3
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×