ボットネット | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.17(火)

ボットネット

Level 3「米国は世界のボットネットの母船となっている」~望みとは違った形で、世界をリード(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

Level 3「米国は世界のボットネットの母船となっている」~望みとは違った形で、世界をリード(The Register)

「ネットワーク基盤の信頼性が高いこと」、および「西洋の多くの組織において、米国への接続は一般的であること」から考えると、米国は C&C サーバにとって良い国だと、The Level 3 の研究論文は語っている。

ロシアのボットネット犯罪の容疑者たち、ロマンティックな MMS で逮捕~待て! その「RomanticVK」に手を出すな――そこにモンスターがいる(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

ロシアのボットネット犯罪の容疑者たち、ロマンティックな MMS で逮捕~待て! その「RomanticVK」に手を出すな――そこにモンスターがいる(The Register)

その攻撃者は、『RomanticVK』または『VK_Gift』の名で『ロマンチックな贈り物』を約束するという内容の MMS メッセージを大量に送信することにより、悪意あるソフトウェアを携帯電話に感染させた。

研究者たちが記す「より効果的なスパム行為の手引き」~広く拡散された、小さなボットネットが効果的(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

研究者たちが記す「より効果的なスパム行為の手引き」~広く拡散された、小さなボットネットが効果的(The Register)

邪悪なスパム行為のトライアングルは、「顧客の信頼」で繋がっている。それは、ホワイトハットがスパム活動を停止させるために狙うことができるかもしれない弱点である、と Stringhini は語っている。

「SpyEye」作者のロシア人、マルウェアの猛襲を開始した罪を認める~ FBI、ジョージアへ(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

「SpyEye」作者のロシア人、マルウェアの猛襲を開始した罪を認める~ FBI、ジョージアへ(The Register)

金融フィッシングを目的として特別に設計された非常に先駆的なマルウェアSpyEyeは、瞬く間にアンチウイルス業界の注目を浴びた。それは2年間の活動のプロセスの中で1,400万台以上のマシンを感染させ、数百万人のユーザーを巻き込んだと考えられている。

一研究者が IPv4 インターネットマップのために 420,000 ノードの違法なボットネットを作り出す~それは数千年間の禁錮刑のリスクを伴う(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

一研究者が IPv4 インターネットマップのために 420,000 ノードの違法なボットネットを作り出す~それは数千年間の禁錮刑のリスクを伴う(The Register)

「誰もが高度なエクスプロイトやサイバー戦争について話し合っている間に、4 つの単純で馬鹿げたデフォルトの Telnet パスワードは、消費者だけでなく、世界中の数万、数十万の産業用デバイスへのアクセスを可能とした」

シグネチャを捨てた McAfee が、ボットネットの終焉(ほとんど)を宣言~業界初の完全な「統合セキュリティパッケージ」と主張(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

シグネチャを捨てた McAfee が、ボットネットの終焉(ほとんど)を宣言~業界初の完全な「統合セキュリティパッケージ」と主張(The Register)

セキュリティ製品を一つのパッケージとして統合させることは、大手セキュリティベンダーたちのゴールだったが、今回 McAfee はそのテープを切ったと考えている。

韓国「ゾンビPC防止法」審議状況 第2回「支持者と反対者」 画像
特集 ScanNetSecurity

韓国「ゾンビPC防止法」審議状況 第2回「支持者と反対者」

アンチウイルス(ソフト)企業が最大の受恵者になると予想され、実際に悪性プログラムの拡散防止などに関する法律案(以下、ゾンビPC 防止法)を支持するところも殆どアンチウイルス(ソフト)及び情報保護ソリューション企業であることが分かる。

韓国「ゾンビPC防止法」審議状況 第1回「法案概要」 画像
特集 ScanNetSecurity

韓国「ゾンビPC防止法」審議状況 第1回「法案概要」

本稿では、一昨年から韓国国会で議論されている「悪性プログラムの拡散防止などに関する法律案」通称ゾンビPC防止法に関して、現状確認と問題点の整理を行う。

調査用サーバの設置によりボットネットを検出する簡易検診サービス(大塚商会) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

調査用サーバの設置によりボットネットを検出する簡易検診サービス(大塚商会)

大塚商会は、標的型攻撃でウイルス感染したPC群、いわゆるボットネットによる不正通信が行われているかどうかを診断する「標的型攻撃ボットネット簡易検診サービス」を開始した。

官民連携で摘発したサイバー犯罪グループ、一般企業を隠れみのに (トレンドマイクロ) 画像
インシデント・事故 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

官民連携で摘発したサイバー犯罪グループ、一般企業を隠れみのに (トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は11月10日、400万以上のボットにより形成されたボットネットがFBIとエストニア警察の捜査によって11月8日に閉鎖された事件について、ブログで詳細を公開した。

Spambotの活動停止、支払端末に感染するトロイの木馬など--3月レポート(Dr.WEB) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

Spambotの活動停止、支払端末に感染するトロイの木馬など--3月レポート(Dr.WEB)

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は4月8日、「2011年3月のウイルス脅威」をまとめ、発表した。この3月は情報セキュリティの分野で多くのことが起こった月としている。そのひとつとして、3月17日に最大のスパムジェネレータである「Trojan.Spambot」ボットネットが活

    Page 1 of 1
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

    経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

    ×