シグネチャを捨てた McAfee が、ボットネットの終焉(ほとんど)を宣言~業界初の完全な「統合セキュリティパッケージ」と主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

シグネチャを捨てた McAfee が、ボットネットの終焉(ほとんど)を宣言~業界初の完全な「統合セキュリティパッケージ」と主張(The Register)

国際 TheRegister

【RSA 2013】 シグネチャベースのマルウェアの検出は、コンピュータセキュリティ業界の黎明期から行われてきた。しかし McAfee は、その検出システムを放棄する――あるいはむしろ改変する――つもりだと話した。同社は、アップグレードするセキュリティ製品の一式で、ボットネットに対するセンサーを実質的に排除する(と主張している)。

昨年、McAfee のマルウェアのシグネチャデータベースは 1 億 1300 万以上のサンプルを持つまでに成長した。しかしそのデータのみを利用してマルウェアの検出をするより、むしろ動作特性に基づいて未知のサンプルを発見できるようするため、McAfee はセキュリティコードに行動のヒューリスティクスを統合させた。この最終結果はボットネットの脅威を押しつぶすことができるかもしれない、と同社のネットワークセキュリティゼネラルマネージャ Pat Calhoun は語った…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×