Level 3「米国は世界のボットネットの母船となっている」~望みとは違った形で、世界をリード(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

Level 3「米国は世界のボットネットの母船となっている」~望みとは違った形で、世界をリード(The Register)

「ネットワーク基盤の信頼性が高いこと」、および「西洋の多くの組織において、米国への接続は一般的であること」から考えると、米国は C&C サーバにとって良い国だと、The Level 3 の研究論文は語っている。

国際 TheRegister
「ボットネットの C&C サーバが最も多い国」として、米国がウクライナを凌いでトップになったと Level 3 Communications が語っている。ロシアは、どうにか上位 3 か国へのランクインを果たすに留まった。

巨大なボットネットの脅威を管理するために利用されていた C&C サーバが、世界中のオペレータや地方警察当局たちによってテイクダウンされた。テイクダウンされるまで、それは約 30 日間にわたって活動していた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×