富士通研究所 | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

富士通研究所

ブロックチェーンを活用した分散型IDに新手法(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ブロックチェーンを活用した分散型IDに新手法(富士通研究所)

富士通研究所は、オンライン上の取引に関わるサービス事業者や利用者に対して、取引相手の本人情報の真偽を判断可能なアイデンティティー流通技術「IDYX(IDentitY eXchange)」を開発したと発表した。

車載ネットワークのCANメッセージのズレに着目、サイバー攻撃検知(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

車載ネットワークのCANメッセージのズレに着目、サイバー攻撃検知(富士通研究所)

富士通研究所は、車載ネットワークにおけるサイバー攻撃を検知する技術を開発したと発表した。

マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

富士通研究所は、マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発したと発表した。

オンライン生体認証サービスを機能強化、スマホでのFIDO認証を可能に(富士通) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

オンライン生体認証サービスを機能強化、スマホでのFIDO認証を可能に(富士通)

富士通は、「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス」の機能を強化し、提供を開始したと発表した。

スマホの生体認証とFIDOで、IoT機器を介したクラウドサービス認証を容易に(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

スマホの生体認証とFIDOで、IoT機器を介したクラウドサービス認証を容易に(富士通研究所)

富士通研究所は、スマートフォンが搭載する生体認証機能と近距離無線機能を活用して、IoT機器を介したクラウドサービスを安全、簡単に利用できる技術を開発したと発表した。

モバイル端末に搭載できるスライド式の手のひら静脈認証技術を開発(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

モバイル端末に搭載できるスライド式の手のひら静脈認証技術を開発(富士通研究所)

富士通研究所は、手のひら静脈を使ったスライド式の静脈認証技術を世界で初めて開発したと発表した。

トラフィックから攻撃を短時間で抽出、俯瞰図を描画する検出技術を開発(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

トラフィックから攻撃を短時間で抽出、俯瞰図を描画する検出技術を開発(富士通研究所)

富士通研究所は、特定の組織などを攻撃対象とする標的型サイバー攻撃に対し、攻撃を見つけた後の被害の状況を迅速に分析する技術を新たに開発したと発表した。

やり取り型の標的型メール攻撃をリアルタイムに検知する技術を開発(富士通、富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

やり取り型の標的型メール攻撃をリアルタイムに検知する技術を開発(富士通、富士通研究所)

富士通と富士通研究所は、やり取り型の標的型メール攻撃をリアルタイムに検知する技術を開発したと発表した。

IoT機器向けに、TLSでの認証時間を1/5にする技術を産学で開発(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

IoT機器向けに、TLSでの認証時間を1/5にする技術を産学で開発(富士通研究所)

富士通研究所は、東京大学、東邦大学と共同で、IoT機器向けにPCなどで広く用いられる公開鍵暗号を利用した暗号通信方式TLSの認証処理時間を、同等の暗号強度をもつ従来方式と比較して約5分の1に短縮する認証技術を開発した。

手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所)

 富士通研究所は26日、手のひら静脈などの生体情報をより安全に暗号鍵として利用できる技術を、新たに開発したことを発表した。これにより、鍵管理不要で、IDやパスワードなどの秘密情報を簡単に管理できるようになる見込みだ。

既存の光ファイバーを利用しサーバ間光通信を長距離化する技術を新開発(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

既存の光ファイバーを利用しサーバ間光通信を長距離化する技術を新開発(富士通研究所)

 富士通研究所は28日、既存の光ファイバーを利用しながら、サーバ間光通信を長距離化する技術を、新開発したことを発表した。光通信の距離が従来の2倍に拡大するため、面積換算だと最大で従来比4倍程度のサーバ接続が可能になる。

ファイル共有サーバ利用時における新たなデータ転送高速化技術を開発(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

ファイル共有サーバ利用時における新たなデータ転送高速化技術を開発(富士通研究所)

 富士通研究所は22日、ファイル共有サーバ利用時における、新たなデータ転送高速化技術を開発したことを発表した。遠隔地からファイルアクセスを行う際、ソフトウェアで最大20倍高速化するという。

WebアプリのUI処理とデータ処理を自動で分離、安全性と操作性を両立(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

WebアプリのUI処理とデータ処理を自動で分離、安全性と操作性を両立(富士通研究所)

富士通研究所は、スマートデバイスやウェアラブル端末で動作するWebアプリケーションを、シンクライアントと同様の安全性と操作感で利用できる技術を開発したと発表した。

ICTを活用して下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発、消費電力を約70%削減(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 宮崎崇@RBB TODAY

ICTを活用して下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発、消費電力を約70%削減(富士通研究所)

富士通研究所は10日、都市におけるゲリラ豪雨などによる被害軽減に向け、ICTを活用して下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発したことを発表した。従来の約5分の1のセンサー数で下水道全体の流れを把握・予測し、消費電力を約70%削減することを可能とする。

PC操作からサイバー攻撃の被害に遭いやすいユーザーを判定する技術を開発(富士通、富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

PC操作からサイバー攻撃の被害に遭いやすいユーザーを判定する技術を開発(富士通、富士通研究所)

 富士通と富士通研究所は19日、メールやWebなどのPC操作から、「サイバー攻撃の被害に遭いやすいユーザー」を判定する技術を業界で初めて開発したことを発表した。個々のユーザーや組織に合わせたセキュリティ対策が可能になるという。

準同型暗号の高速化技術を世界で初めて開発(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

準同型暗号の高速化技術を世界で初めて開発(富士通研究所)

富士通研究所は、データを暗号化したまま統計計算や生体認証などを可能にする準同型暗号の高速化技術を、世界で初めて開発した。

銀行が手のひら認証キットを振りかざす――それは切断された手に反応しない~アイデンティティ詐欺と戦うための新たな決済システムとは(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

銀行が手のひら認証キットを振りかざす――それは切断された手に反応しない~アイデンティティ詐欺と戦うための新たな決済システムとは(The Register)

静脈パターンのマッチングは新しい生体認証技術ではないものの、その正確さ(陽性/陰性の誤認率の低さ)、そして偽造に対する抵抗力は、セキュリティコミュニティの数々のセクション(たとえば暗号化の第一人者 Bruce Schneier など)から好意的な論評を集めてきた。

    Page 1 of 1
    ★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
    ★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

    2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

    ×