ソリトンシステムズ | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

ソリトンシステムズ

DNSレベルの悪性ドメインをブロックするクラウドサービス(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

DNSレベルの悪性ドメインをブロックするクラウドサービス(ソリトン)

ソリトンは、悪性ドメインへのアクセスをブロックするクラウドサービス「Soliton DNS Guard」を開発、6月10日より申し込み受付を開始すると発表した。

サイバーセキュリティ総合支援サービスに8つの新サービス追加(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバーセキュリティ総合支援サービスに8つの新サービス追加(ソリトン)

ソリトンは、「サイバーセキュリティ総合支援サービス」を刷新し、新たに8種類の新サービスの提供を開始すると発表した。

「兼業CSIRT」の初期構築を約1カ月、98万円で実現するテンプレート(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「兼業CSIRT」の初期構築を約1カ月、98万円で実現するテンプレート(ソリトン)

ソリトンは、「サイバーセキュリティ総合支援サービス」の新メニューとして、CSIRT体制の初期構築を支援するベストプラクティス・テンプレートと、構築後の平常時活動を支援するサービスを提供開始すると発表した。

セコムとソリトンが語る、NGAV と EDR 導入・運用の「ユーザーの現実」 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

セコムとソリトンが語る、NGAV と EDR 導入・運用の「ユーザーの現実」

セコムトラストシステムズ株式会社と株式会社ソリトンシステムズは3月6日 水曜日、共催セミナー「中堅・中小企業の一人情シスに最適な選択とは~コスト削減を実現する "賢い" セキュリティ対策」を都内で開催する。

巨大情報漏えいファイル群「コレクション・ナンバーワン」発見、日本人アドレス2,000万件含(ソリトン) 画像
インシデント・事故 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

巨大情報漏えいファイル群「コレクション・ナンバーワン」発見、日本人アドレス2,000万件含(ソリトン)

ソリトンは、サイバー空間の調査中に、新たに「Collection#1」と呼ばれる巨大な漏えいファイル群を発見。この分析により日本人や日本の組織の被害を特定したと発表した。

NGAV・EDRは怖くない、一人情シス安心の賢いセキュリティ対策を紹介(ソリトン、セコムトラストシステムズ) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

NGAV・EDRは怖くない、一人情シス安心の賢いセキュリティ対策を紹介(ソリトン、セコムトラストシステムズ)

ソリトンとセコムトラストシステムズは、共催セミナー「~中堅・中小企業の一人情シスに最適な選択とは~コスト削減を実現する "賢い" セキュリティ対策」を3月6日に開催する。

ファームウェアの脆弱性診断をクラウドで行えるサービス(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ファームウェアの脆弱性診断をクラウドで行えるサービス(ソリトン)

ソリトンは、Refirm Labs社と提携し、IoTファームウェア脆弱性調査を開始、そのクラウドベースのプラットフォーム「Centrifuge(セントリフュージ)」を提供する。

MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

もはや電気や水道のようなインフラと化した Wi-Fi インターネット接続。しかし、それは本当に安全なのだろうか。一般的に有効と考えられている Wi-Fi のセキュリティでも、誤解、過信、誤用が多い。

米Phantom社プラットフォーム活用し、SOCの製品間連携と自動化推進(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米Phantom社プラットフォーム活用し、SOCの製品間連携と自動化推進(ソリトン)

ソリトンは、米Phantom社と提携し、セキュリティ運用自動化の「Phantom platform」を提供すると発表した。

総レコード数は22億超、攻撃者が目的別に編集した4つのファイル群を発見(ソリトン) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

総レコード数は22億超、攻撃者が目的別に編集した4つのファイル群を発見(ソリトン)

ソリトンは、同社が提供する「漏洩アカウント被害調査」サービスにおいて、新たに4つの重要な巨大ファイル群を発見したと発表した。

認証アプライアンスをクラウドサービス化、私物端末の検出にも対応(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

認証アプライアンスをクラウドサービス化、私物端末の検出にも対応(ソリトン)

ソリトンは、無線LANに対し認証機能を提供するクラウドサービス「NetAttest EPS Cloud(EPS Cloud)」の提供を開始すると発表した。

EDRと次世代AVをクラウドサービス化、マネージドサービスも提供(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

EDRと次世代AVをクラウドサービス化、マネージドサービスも提供(ソリトン)

ソリトンは、サイバーセキュリティ対策のEDRとNGAVのハイブリッド製品「InfoTrace Mark II for Cyber」の運用を支援するマネージドサービス「Mark II Cloud」の提供を開始した。

ソリトンシステムズの働き方改革から生まれたセキュリティソリューション [Security Days Spring 2018] 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

ソリトンシステムズの働き方改革から生まれたセキュリティソリューション [Security Days Spring 2018]PR

福岡を皮切りに名古屋、大阪、そして3月7日からの3日間、東京で開催される「Security Days Spring」は、国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

株主優待で情報漏えい調査(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

株主優待で情報漏えい調査(ソリトン)

ソリトンは、企業などが普段使用しているメールアドレスとパスワードのセットが、サイバー空間に漏えいしているか否かを調査するサービスを、同社の株主を対象に無償で提供する。

他社製品が検知したイベントも取り込める、EDR製品向けログ分析エンジン(ソリトンシステムズ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

他社製品が検知したイベントも取り込める、EDR製品向けログ分析エンジン(ソリトンシステムズ)

ソリトンシステムズは、標的型サイバー攻撃におけるCSIRT/SOCでの脅威ハンティングを支援する「InfoTrace Mark II Analyzer」を開発、次世代EDR製品「InfoTrace Mark II for Cyber」のログ分析エンジンとして、11月上旬より販売を開始すると発表した。

世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

ソリトンは、「漏えいアカウント被害調査サービス」の提供を開始すると発表した。

最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前

ソリトンシステムズは「認証セキュリティを扱う企業としての強い使命感(ソリトンシステムズ 執行役員 長谷部泰幸氏談)」から、同社独自のサイバー空間分析手法を確立し、誰でも入手できる状態で公開されている情報約20億件のデータを収集し分析した。

EDR製品と連携し、事前対応から事後対応まで支援する8つのサービスを開始(ソリトン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

EDR製品と連携し、事前対応から事後対応まで支援する8つのサービスを開始(ソリトン)

ソリトンは、サイバーセキュリティ支援の新サービス8種類を「サイバーセキュリティ総合支援サービス」として販売開始すると発表した。

一連のサイバー攻撃、内部犯行対策を実現する国産EDRソリューション(ソリトンシステムズ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

一連のサイバー攻撃、内部犯行対策を実現する国産EDRソリューション(ソリトンシステムズ)

ソリトンシステムズは、サイバー攻撃対策に有用なエンドポイント機能を搭載した国産の新型EDR製品「InfoTrace Mark II for Cyber」を販売開始した。

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 番外編 「現場エンジニアと本音トーク、フォレンジック舞台裏の奮闘」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 番外編 「現場エンジニアと本音トーク、フォレンジック舞台裏の奮闘」PR

今回は番外編として、ソリトンシステムズ荒木氏と、Ji2でフォレンジックに携わっているM氏の両名に、最近のフォレンジックの現場について本音の話を聞いた。

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第6回 「理解されないデジタル・フォレンジック(後編) - 攻撃者優位を打破 できるか?」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第6回 「理解されないデジタル・フォレンジック(後編) - 攻撃者優位を打破 できるか?」PR

証拠保全の重要性については前編で触れた。証拠保全のためのフリーツールも公開されており、手順を紹介した書籍もあれば、インターネット上にも情報が溢れている。果たして実際はどうなのだろうか?

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 1 of 3
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×