AD連携しクラウドサービスへのSSOとID管理を自動化(ソリトン) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

AD連携しクラウドサービスへのSSOとID管理を自動化(ソリトン)

ソリトンは、クラウドサービス利用時の認証強化とシングルサインオン(SSO)による利便性を両立するクラウドサービス「Soliton OneGate(ソリトンワンゲート)」の提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は12月2日、クラウドサービス利用時の認証強化とシングルサインオン(SSO)による利便性を両立するクラウドサービス「Soliton OneGate(ソリトンワンゲート)」の提供を同日より開始したと発表した。同サービスは、各クラウドサービスへのSSOとID管理を自動化するサービス。価格は個別見積であるが、1ユーザあたり月額500円以下の価格で提供するとしている。

Active Directory(AD)によるユーザ認証を使用し、SSOによりパスワードレスでクラウドサービスを利用できる。対象クラウドサービスは拡大中。端末は証明書により認証し、社外からの利用時のセキュリティを強化する。また、社内ADと連携するため、社員・職員の異動の際にはADの社員・職員アカウント情報をメンテナンスすることで、クラウドサービスのユーザアカウント情報にも自動的に反映される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×