DNSレベルの悪性ドメインをブロックするクラウドサービス(ソリトン) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

DNSレベルの悪性ドメインをブロックするクラウドサービス(ソリトン)

ソリトンは、悪性ドメインへのアクセスをブロックするクラウドサービス「Soliton DNS Guard」を開発、6月10日より申し込み受付を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は6月3日、悪性ドメインへのアクセスをブロックするクラウドサービス「Soliton DNS Guard」を開発、6月10日より申し込み受付を開始すると発表した。販売価格(定価)は、月額180円/1ライセンスから(税別、初期費用別、1ライセンスで4台まで利用可能、ボリュームディスカウントあり)で、6月17日から提供を開始する。

同サービスは、悪性ドメイン情報を参照して、専用エージェントを導入した端末からの悪性ドメインへのアクセスをブロックする脅威対策ソリューション。DNSレベルの脅威対策を容易に追加できるクラウドサービスとなっており、クラウドとエージェント間の通信はDoH(DNS over HTTPS)を利用する。今回はWindows版の提供となるが、今後iOS、mac OS、Android向けの各エージェントも提供する。DNS/DHCPアプライアンス「NetAttest D3」にも対応予定で、こちらはエージェントが不要となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×