攻撃者と同一のOSINT活用、ソリトンシステムズ「サプライチェーンセキュリティリスク調査サービス」 | ScanNetSecurity
2024.03.03(日)

攻撃者と同一のOSINT活用、ソリトンシステムズ「サプライチェーンセキュリティリスク調査サービス」

 株式会社ソリトンシステムズは3月2日、サイバー攻撃の過去の履歴と実態を調査し、その対策構築を支援する「サプライチェーンセキュリティリスク調査サービス」の開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ソリトンシステムズは3月2日、サイバー攻撃の過去の履歴と実態を調査し、その対策構築を支援する「サプライチェーンセキュリティリスク調査サービス」の開始を発表した。

 サプライチェーンセキュリティリスク調査サービスは、調査実績の多い「漏洩アカウント被害調査サービス」と補足するオプションサービス、及びサイバー空間上に公開されている組織のIT資産のリスクを調査する「外部公開IT資産リスク調査サービス」と2種類のコアサービスの組合せで提供される。

 同サービスでは、攻撃者がターゲット組織を調べる際に利用するものと同じOSINT(OpenSource INTelligence)手法を採用、攻撃者目線でサイバー空間に存在する情報を収集することで、自社を含むサプライチェーン全体の外部に漏えいしたパスワードを含むアカウント情報や組織が保有する公開IT資産脆弱性などを明らかにし、リスクを発見する。

 ベースとなる10ドメイン基礎調査は350万円からの提供となる。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×