サイバーセキュリティ総合支援サービスに8つの新サービス追加(ソリトン) | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

サイバーセキュリティ総合支援サービスに8つの新サービス追加(ソリトン)

ソリトンは、「サイバーセキュリティ総合支援サービス」を刷新し、新たに8種類の新サービスの提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は5月27日、「サイバーセキュリティ総合支援サービス」を刷新し、新たに8種類の新サービスの提供を開始すると発表した。同社は同サービスを2017年3月8日に提供開始しているが、ユーザが抱えるサイバーセキュリティの課題に合わせ内容を更新した。特に「運用コスト削減」「人材不足」「インシデント対応体制の整備」「変化し続ける脅威への対応」の4つの課題を強く意識したという。

新サービスでは、企業や組織全体のセキュリティリスクを把握するための総合診断クラウドサービス「security-risk.jp(セキュリティリスク・ドット・ジェーピー)」をはじめ、「国際基準侵入テスト」「IoTセキュリティ診断サービス」「証跡保管サービス」「OS脆弱性攻撃無害化サービス」「Windows脅威・誤検知判定サービス」「メールセキュリティ運用支援サービス」「CYBERGYMトレーニング」のサービスを提供、課題の解決や投資効果の明確化を図る。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×