スパム | ScanNetSecurity
2019.11.13(水)

スパム

メールアカウントを踏み台に取引先に迷惑メールを送信(RIZAP グループ) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

メールアカウントを踏み台に取引先に迷惑メールを送信(RIZAP グループ)

RIZAP グループ株式会社は11月6日、同社の子会社であるRIZAP株式会社のメールアカウントに不正アクセスがあり、同アカウントからの迷惑メール送信と第三者への情報流出の可能性が判明したと発表した。

メールアカウントが不正アクセス、543通のメールを送信(日本電気計器検定所) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

メールアカウントが不正アクセス、543通のメールを送信(日本電気計器検定所)

日本電気計器検定所は10月18日、同所のメールアカウントが不正アクセスを受けたことが判明したと発表した。

5月発生の不正アクセスで流出したメールアドレスへの攻撃を再び確認(多摩北部医療センター) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

5月発生の不正アクセスで流出したメールアドレスへの攻撃を再び確認(多摩北部医療センター)

公益財団法人東京都保健医療公社 多摩北部医療センターは9月27日、5月20日に公表した同院の運用しているパソコン端末、メールアカウントへの不正アクセスによる同院医師の氏名を使用しマルウェア添付した「なりすましメール」送信について、再び攻撃が確認されたと発表した。

教職員にフィッシングメール、不正アクセスによる大量の迷惑メール送信(金沢大学) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

教職員にフィッシングメール、不正アクセスによる大量の迷惑メール送信(金沢大学)

国立大学法人金沢大学は10月4日、同学教職員がフィッシングメールを受信しメールアカウントのパスワードを窃取されたために大量のフィッシングメールを送信したことが判明したと発表した。

「旅くら」メールアカウントへの不正アクセス、メールボックス上のヘッダ情報が参照されたことが判明(ビッグローブ) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

「旅くら」メールアカウントへの不正アクセス、メールボックス上のヘッダ情報が参照されたことが判明(ビッグローブ)

ビッグローブ株式会社は9月25日、同社が運営する法人向けSaaS型宿泊プラン比較サービス「旅くら」にて、同サービスの法人業務連絡用メールアカウントに対して外部からの不正アクセスが発生したと発表した。

シノアリスのメンテナンスを強制的に解除すると詐称、連携するとアカウント乗っ取り等の可能性(スクウェア・エニックス) 画像
脆弱性と脅威 臥待 弦(ふしまち ゆずる)@INSIDE

シノアリスのメンテナンスを強制的に解除すると詐称、連携するとアカウント乗っ取り等の可能性(スクウェア・エニックス)

iOS/Androidアプリ『SINoALICE -シノアリス-』の公式Twitterアカウントにて、Twitterスパムに対する注意喚起が行われています。

不快な言葉を含むコメントを除外できるツールを一般ユーザー向けにも開放(Instagram) 画像
製品・サービス・業界動向 Tsujimura@RBB TODAY

不快な言葉を含むコメントを除外できるツールを一般ユーザー向けにも開放(Instagram)

Instagramは現地時間12日、投稿に寄せられた不快に感じる言葉や不適切だと思われる言葉を含むコメントを除外できる、新しいコメントツールを導入した。

日本郵政を騙る不審メールが急増、再度の注意喚起(日本郵政、日本郵便) 画像
脆弱性と脅威 冨岡晶@RBB TODAY

日本郵政を騙る不審メールが急増、再度の注意喚起(日本郵政、日本郵便)

 昨年12月中頃より大発生した、日本郵政を騙る不審メール。「Japan Post」「日本郵政」が差出人のように見せかけたスパムメールだが、今年に入ってもまだまだ猛威を振るっている。

「vvvウイルス」の国内での攻撃が急増、スパムメールにより拡散の動きが活発化(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 冨岡晶@RBB TODAY

「vvvウイルス」の国内での攻撃が急増、スパムメールにより拡散の動きが活発化(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロは11日、ランサムウェア「CrypTesla」(通称「vvvウイルス」)について、国内での攻撃が急増している現状を公表した。スパムメールにより「CrypTesla」を拡散させようとする動きが、活発化しているという。

日本郵政による小包の配達確認に見せかけたスパムメールが流行、注意を呼びかけ(日本郵政) 画像
脆弱性と脅威 冨岡晶@RBB TODAY

日本郵政による小包の配達確認に見せかけたスパムメールが流行、注意を呼びかけ(日本郵政)

 今週に入り、「日本郵政」(Japan Post)による小包の配達確認に見せかけたスパムメールが流行している模様だ。Twitterなどに、実際に受け取った人の報告があがっている。

21日未明から不正メールを大量送信、「新生銀行」を騙るフィッシングサイトに注意喚起(フィッシング対策協議会) 画像
脆弱性と脅威 冨岡晶@RBB TODAY

21日未明から不正メールを大量送信、「新生銀行」を騙るフィッシングサイトに注意喚起(フィッシング対策協議会)

 フィッシング対策協議会は21日、「新生銀行」を騙るフィッシングサイト(偽サイト)が存在しているとして、注意喚起する文章を公開した。新生銀行も注意を呼びかけている。

10 億のメールアドレスによるスパム詐欺:連邦は 2 人を逮捕、1 人を追跡中~「米国の過去最大のサーバージャック」と検察官は主張(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

10 億のメールアドレスによるスパム詐欺:連邦は 2 人を逮捕、1 人を追跡中~「米国の過去最大のサーバージャック」と検察官は主張(The Register)

そのハッカーたちは、企業の重要データを盗んだ後も、バルクメールを送信するために、その企業独自の配信プラットフォームを乗っ取り、メールトラフィックを特定のウェブサイトへ向けることによって利益を得ていた。

学外へ約10万通のスパムメールを送信、個人情報が格納されたNASを踏み台に(首都大学東京) 画像
インシデント・事故 冨岡晶@RBB TODAY

学外へ約10万通のスパムメールを送信、個人情報が格納されたNASを踏み台に(首都大学東京)

 首都大学東京は2日、「首都大学東京における 個人情報が格納されたNASを踏み台にした学外への多量メール送信について」と題する文章を公開。約10万通のメールが同校内から送信されていたことを公表した。

休眠 IP アドレスはハイジャックに最適~ホスティング企業の叫び「スパムを送ってるのは我々ではありません、本当です」(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

休眠 IP アドレスはハイジャックに最適~ホスティング企業の叫び「スパムを送ってるのは我々ではありません、本当です」(The Register)

乗っ取られた IP によって引き起こされる潜在的な惨劇は、スパムの送信だけにとどまらず、あらゆる違法行為(DoS や、合法的なネットワークの所有者からトラフィックを盗むことさえも含まれる)の手法に利用できる可能性がある。

研究者たちが記す「より効果的なスパム行為の手引き」~広く拡散された、小さなボットネットが効果的(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

研究者たちが記す「より効果的なスパム行為の手引き」~広く拡散された、小さなボットネットが効果的(The Register)

邪悪なスパム行為のトライアングルは、「顧客の信頼」で繋がっている。それは、ホワイトハットがスパム活動を停止させるために狙うことができるかもしれない弱点である、と Stringhini は語っている。

米国が引き続きワースト1、日本が初のランクイン--スパム送信国(ソフォス) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米国が引き続きワースト1、日本が初のランクイン--スパム送信国(ソフォス)

ソフォスは、2014年1月から3月のスパム送信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。

米国が引き続きワースト1、新たに人口比率ランキングも--スパム送信国(ソフォス) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米国が引き続きワースト1、新たに人口比率ランキングも--スパム送信国(ソフォス)

ソフォスは、2013年4月から6月のスパム送信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。

史上最大の DDoS 攻撃の容疑者を逮捕~オランダ人の容疑者、スペインで捕まる(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

史上最大の DDoS 攻撃の容疑者を逮捕~オランダ人の容疑者、スペインで捕まる(The Register)

先月、Spamhaus のサーバを襲った攻撃では、推定 30,000 のユニークな DNS リゾルバ――迂闊にも、そこには EL Reg の Trevor Pott が含まれる――からの 300Gbps のトラフィックが確認された。

米国がワースト1、全体的に前回から大きな順位変動--スパム送信国(ソフォス) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米国がワースト1、全体的に前回から大きな順位変動--スパム送信国(ソフォス)

ソフォスは、2012年12月から2013年2月のスパム送信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。米国がワースト1位で世界最大のスパム送信国となっている。

スパムメールの49.7% がアジアからの発信、感染コンピュータ数が多いことが原因と考察(ソフォス) 画像
調査・レポート・白書 冨岡晶@RBB TODAY

スパムメールの49.7% がアジアからの発信、感染コンピュータ数が多いことが原因と考察(ソフォス)

 ソフォスは24日、2012年4月〜6月における「スパム送信国ワースト12」に関するレポートを発表した。北米からのスパムメール数が引き続き減少している一方で、アジアから送信されるスパムメール数が増加していることが判明した。

Googleがレビュー・スパムと戦う研究を支援~自作自演を見抜く(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

Googleがレビュー・スパムと戦う研究を支援~自作自演を見抜く(The Register)

組織化されたレビュー詐欺の実行グループを特定する鍵は、彼らのふるまいにあると、同論文は言う。主要な特徴は以下の通り:

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×