マルウェア(6 ページ目) | ScanNetSecurity
2020.02.21(金)

マルウェア(6 ページ目)

珍しいAutoCADワームがペルーから設計図を盗み中国に送信〜リバース・エンジニアリングがフォワード・エンジニアリングに取って代わられる(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

珍しいAutoCADワームがペルーから設計図を盗み中国に送信〜リバース・エンジニアリングがフォワード・エンジニアリングに取って代わられる(The Register)

同攻撃の裏にいる悪党たちは、拡散のためのドロップサイトとして中国のインターネット・リソースを使用していたが、必ずしも中国人だとは限らない。

Androidのポルノ詐欺により東京で6名がムショ送り〜アダルト・サイトでマルウェアを配布(The Register)  画像
国際 ScanNetSecurity

Androidのポルノ詐欺により東京で6名がムショ送り〜アダルト・サイトでマルウェアを配布(The Register)

ユーザーの端末上にダウンロードされると、同アプリは99,800円(803ポンド)の支払いを要求するメッセージを表示し、被害者が端末をオフにしようとしても、その通知が表示され続ける。

Consumer Affairs VictoriaがApp Storeにマルウェアがあると語る〜ハッキングされたiTunesアカウントに関する消費者勧告は若干行きすぎか(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

Consumer Affairs VictoriaがApp Storeにマルウェアがあると語る〜ハッキングされたiTunesアカウントに関する消費者勧告は若干行きすぎか(The Register)

Consumer Affairs Victoriaは、アカウントに障害が起き、コンテンツやアプリの請求が高額になった怒れる消費者からの問い合わせを受け、このような詐欺に関する懸念を表明した。

悪意のあるウェブサイトへの取り組みを説明、検索結果では約1200万〜1400万ものマルウエアに関する警告を発する(米Google) 画像
製品・サービス・業界動向 山田 正昭@RBB TODAY

悪意のあるウェブサイトへの取り組みを説明、検索結果では約1200万〜1400万ものマルウエアに関する警告を発する(米Google)

 米Googleは20日(現地時間)、マルウエアの配布サイトやフィッシングサイトなど悪意のあるウェブサイトからユーザーを守るための取り組みについて説明した。セキュリティ警告を表示するなどして6億人のユーザーを保護しているという。

対サイバー攻撃アラートシステム「ダイダロス」の外部展開を開始、組織内から送出される異常な通信を検知(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

対サイバー攻撃アラートシステム「ダイダロス」の外部展開を開始、組織内から送出される異常な通信を検知(NICT)

 情報通信研究機構(NICT)は6日、組織内ネットワークにおけるマルウェア感染などを迅速に検知し、警告を発行する対サイバー攻撃アラートシステム「ダイダロス」(DAEDALUS:Direct Alert Environment for Darknet And Livenet Unified Security)の外部展開を開始した。

モバイルマルウェアの爆発、収集したサンプルは8,000件にのぼる(米マカフィー) 画像
調査・レポート・白書 山田 正昭@RBB TODAY

モバイルマルウェアの爆発、収集したサンプルは8,000件にのぼる(米マカフィー)

 米マカフィーは23日(現地時間)、2012年第1四半期(1〜3月)のセキュリティについてのレポートを発表した。Androidをはじめ、すべてのプラットフォームでマルウエアが急増しているという。

PCでアクセスするだけで簡単に感染の有無を確認、「DNS Changerマルウェア感染確認サイト」を公開(JPCERT/CC) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

PCでアクセスするだけで簡単に感染の有無を確認、「DNS Changerマルウェア感染確認サイト」を公開(JPCERT/CC)

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は22日、マルウェア「DNS Changer」の感染を確認できるWebサイトを公開した。7月9日までの公開となる。

世界で60万台以上のMacが感染したマルウェア「フラッシュバック」を削除するツールを開発中(米アップル) 画像
製品・サービス・業界動向 山田 正昭@RBB TODAY

世界で60万台以上のMacが感染したマルウェア「フラッシュバック」を削除するツールを開発中(米アップル)

 米アップルは、自社のWebサイトのサポートページに、問題となっているマルウェア「フラッシュバック」についての情報を掲載した。その中でフラッシュバックを削除するツールを開発中であることを明らかにした。

「ファイルのない」マルウェアがRAMにインストール〜プロセスに侵入するがファイルはインストールしないエクスプロイトをロシアのアドウェアで発見(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

「ファイルのない」マルウェアがRAMにインストール〜プロセスに侵入するがファイルはインストールしないエクスプロイトをロシアのアドウェアで発見(The Register)

マシンのガードをかいくぐると、同マルウェアはWindows User Account Controlを攻撃しようとし、Lurkトロイの木馬をインストールして関連ボットネットにコネクトする。

謎のマルウェアがニュージーランドの救急車システムを汚染〜配車担当が医療スタッフの携帯に電話して対処(The Resister) 画像
国際 ScanNetSecurity

謎のマルウェアがニュージーランドの救急車システムを汚染〜配車担当が医療スタッフの携帯に電話して対処(The Resister)

先週、ニュージーランドの救急サービスに影響を及ぼしたコンピュータウイルスの感染により、配車担当者は手動バックアップシステムの力を借りざるを得ない状況にあったと、地元のマスコミが報じている。

Bitcoinを狙う新たな攻撃、ZeuSクローンの台頭など紹介--月例レポート(カスペルスキー) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

Bitcoinを狙う新たな攻撃、ZeuSクローンの台頭など紹介--月例レポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は9月30日、ロシアKasperskyが9月9日に公開したリリースの抄訳として、2011年8月度のマンスリーレポートを発表した。レポートでは、8月の終わりまでに何らかの形でBitcoinシステムを標的とする35種類のマルウェアを検知し

FFRとMBSDが協業、第1弾として「Web感染型マルウェア診断サービス」提供(FFR、MBSD) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

FFRとMBSDが協業、第1弾として「Web感染型マルウェア診断サービス」提供(FFR、MBSD)

株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は7月20日、三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)とマルウェアおよび脆弱性対策ソリューションの開発とその提供について業務提携したと発表した。この提携は、「Operation Aurora」に代表されるAPT攻撃のような

Facebookユーザを狙うマルウェア亜種を詳細解説--フォーティネットレポート(フォーティネット) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

Facebookユーザを狙うマルウェア亜種を詳細解説--フォーティネットレポート(フォーティネット)

フォーティネットジャパン株式会社は5月11日、脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートは、同社のFortiGuard Labsが世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集したデータに基づき

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 6 of 6
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×