研究者たち:我々はマルウェアアプリで Apple を騙した~さらに iOS 用の「悪意ある充電器」問題も主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

研究者たち:我々はマルウェアアプリで Apple を騙した~さらに iOS 用の「悪意ある充電器」問題も主張(The Register)

さらに研究者たちは、こういったデバイスにおける日常的な活動(たとえば充電などの行為)が行われる際、どの程度セキュリティの脅威が考慮されるのかを調査するため、「Mactans」と呼ばれる「悪意ある充電器」を作成した。

国際 TheRegister
【Black Hat 2013】ジョージア工科大学情報セキュリティセンター(Georgia Tech's Information Security Center、以下 GTISC) の研究者たちが、マルウェアに毒されたアプリを Apple の検査制度に気づかれぬよう侵入させる方法を発見したと主張している。さらに彼らは iPhone 用の「悪意ある充電器」に関する懸念をも投げかけた。

GTISC のチームは、ここで彼らの研究を説明している。また「Apple の認証プロセスにない新しい機能を作成する目的で独自のコードを再アレンジするためのアプリ」を作り上げたとも語っている。「確認が行われる際、アプリの悪意ある側面を検出できないままにするため、それは結果として Apple の承認を受けることとなる…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×