研究者たち:我々はマルウェアアプリで Apple を騙した~さらに iOS 用の「悪意ある充電器」問題も主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

研究者たち:我々はマルウェアアプリで Apple を騙した~さらに iOS 用の「悪意ある充電器」問題も主張(The Register)

国際 TheRegister

【Black Hat 2013】ジョージア工科大学情報セキュリティセンター(Georgia Tech's Information Security Center、以下 GTISC) の研究者たちが、マルウェアに毒されたアプリを Apple の検査制度に気づかれぬよう侵入させる方法を発見したと主張している。さらに彼らは iPhone 用の「悪意ある充電器」に関する懸念をも投げかけた。

GTISC のチームは、ここで彼らの研究を説明している。また「Apple の認証プロセスにない新しい機能を作成する目的で独自のコードを再アレンジするためのアプリ」を作り上げたとも語っている。「確認が行われる際、アプリの悪意ある側面を検出できないままにするため、それは結果として Apple の承認を受けることとなる…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×