CryptoLocker の開錠:その背後にいる鬼を、情報セキュリティ研究者たちはどのようにして探すのか~2013 年の最も不快なサイバー脅威は、東欧から――あるいはロシアから来ているようだ(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

CryptoLocker の開錠:その背後にいる鬼を、情報セキュリティ研究者たちはどのようにして探すのか~2013 年の最も不快なサイバー脅威は、東欧から――あるいはロシアから来ているようだ(The Register)

国際 TheRegister

Bitcoin を強奪するランサムウェアの脅威として、2013 年で最も悪名高いマルウェアとなった CryptoLocker は、おそらくロシアか旧東欧国のハッキングチームによって作られたものであり、それは高い確率で米国と英国のシステムを標的にしているというスクープ情報を、研究員たちが The Register に提供した。

その驚異的なランサムウェアが 9 月に出現してから間もなく、Dell SecureWork の Counter Threat Unit(CTU)は「シンクホール作戦」を開始し、CryptoLocker に利用されている複数のドメインを登録した。10 月 22 日から 11 月 1 日の間、31,866 の固定 IP アドレスが CTU のシンクホールに接触しており、その 22,360 が米国、1,767 が英国、そして 818 がインドであった。

これは CryptoLocker の現在の災難の徴候を垣間見せるものだ。だが、Dell SecureWorks の CTU のセキュリティ研究者 Keith Jarvis は、感染したマシンの総数が現在およそ 250,000 台であると見積もっている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×