ステルスなマルウェア拡散型のサーバ攻撃は、Apache だけに限られていなかった~Lighttpd、Nginx 対応の変種も発見される(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

ステルスなマルウェア拡散型のサーバ攻撃は、Apache だけに限られていなかった~Lighttpd、Nginx 対応の変種も発見される(The Register)

国際 TheRegister

トラフィックを悪意あるウェブサイトへと誘導する目的で利用されてきた不可思議なバックドアが、これまでに考えられていたよりも広範囲に広がっているかもしれない、とセキュリティ研究者たちは話している。それは Apache だけではなく、多くのウェブサーバに影響を及ぼすという。

そのマルウェア――「Linux/Cdorked.A」あるいは「Darkleech」、人によって異なる名前で呼ばれてきた――は 4 月下旬、イン・ザ・ワイルドのリストに初めて取り上げられた。当時、それは Apache サーバで運営される数百のウェブサイトを感染してきたものであると考えられていた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×