マルウェア配布者「逆表示」のトリックで Mac ユーザーをひっくり返す~厄介なファイル拡張子のでっちあげとは(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

マルウェア配布者「逆表示」のトリックで Mac ユーザーをひっくり返す~厄介なファイル拡張子のでっちあげとは(The Register)

国際 TheRegister

悪党たちは Mac のマルウェアで非常に卑劣な機能を構築している。それは、自身の正体を隠すため、文字の並びを逆に表示させるという悪質なトリックを利用したものだ。

その悪意あるファイル Janicab(Python で書かれている)は、自身の本当の拡張子を隠蔽するため、Right-to-Left(RTL)Override U202E Unicode 制御記号を利用する。U202E 制御記号は、マルウェアのファイル名の一部(しかし一部だけ)を右から左へと逆に表示するよう切り換える。

たとえば「RecentNews.ppa.pdf」と読める形で表示されるファイルの正体は、「RecentNews.fdp.app」である。これはユーザーに .PDF ファイルを開いていると信じ込ませ、実際には .APP ファイルを実行させる目的で設計されている…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×