反発まねく電子メール傍受システム(米連邦捜査局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.27(火)

反発まねく電子メール傍受システム(米連邦捜査局)

国際 海外情報

 市民自由とプライバシー擁護団体は、法の執行機関が設置する電子メール傍受システムに対し非難を表明した。問題のシステム“Carnivore”は、犯罪に関わる膨大な量の電子をメールを傍受し解析するもので、4月6日下院小委員会での証言で初めてその存在が明かになった。現在、米連邦捜査局(FBI)が実際に使用しているという。

 Carnivoreはインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に設置され、捜査の対象者が送受信する全ての電子メール・メッセージをスキャンするもので、FBIによってのみ管理される。全米市民自由連合(ACLU)は、電子メール傍受システムはISPの権利および消費者の権利を侵害するものだとして下院小委員会の委員2人に宛て抗議の書簡を送った。また、デモクラシーと技術センターの上級顧問James Dempsey氏は、Carnivoreの実態が明らかにされていないことが一番の問題点だとし、FBIはCarnivoreをオープン・ソースにすべきだと述べた。

 一方、FBIサイバーテクノロジー班の責任者Marcus Thomas氏は報道機関のインタビューに応え「FBIは現在、約20のCarnivoreシステムを所有しており、そのシステムは現行の通信傍受法に何ら触れるものではない」とし、さらにPGP(Pretty Good Privacy:暗号メールソフト)のようなプログラムで暗号が施された電子メールは、そのままの形でCarnivoreに記録され、それを解読するか否かはFBIが決めると述べた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Nレポート 第1回「北朝鮮のサイバー攻撃の調査・分析の一端」

    Nレポート 第1回「北朝鮮のサイバー攻撃の調査・分析の一端」

  2. 中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

    中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

  3. ハッキングで得た情報で株不正取引の中国人に罰金 9 億円、複数の法律事務所を標的にした攻撃手法(The Register)

    ハッキングで得た情報で株不正取引の中国人に罰金 9 億円、複数の法律事務所を標的にした攻撃手法(The Register)

  4. ロシア サイバー攻撃外交 ~ ヒラリーとマクロンのファイルしか流出させなかったプーチンの意図(The Register)

  5. GDPR 施行控えセキュリティ人材が超売手市場、英では給与 1.4 倍に(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. NSAの兵器から生まれたランサムウェアが世界で蔓延、MSが緊急パッチ配布 ~ 対策方法まとめ:ポート番号からサンプルまで(The Register)

  8. ヨーロッパ情報漏えい罰金額相場とEU一般データ保護規則施行が生むビジネスチャンス(The Register)

  9. テスラの死亡事故、ドライバーは37分間のうち36分35秒間手放し運転…米当局報告

  10. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×