2ヶ月間で500回以上のコンピュータ攻撃を受ける(カナダ政府) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

2ヶ月間で500回以上のコンピュータ攻撃を受ける(カナダ政府)

国際 海外情報

 カナダのセキュリティ会社、Electronic Warfare Associates Canada社がカナダ政府の依頼を受け、昨年(1999年)10月から2ヶ月間にわたり政府機関のコンピュータ・システムを調査した。その結果、カナダ政府および軍のコンピュータ・システムが2ヶ月にわたり531回の攻撃を受けたが、どれも失敗に終わっていたことが分かった。しかしカナダ政府が最も危惧しているは、ハッカーの手口がさらに巧妙になり国家の最高機密を扱うコンピュータ・システムが脅威にさらされることだと報告している。

 カナダ政府のコンピュータ・システムは定期的にスキャンされ、攻撃を受けていた。特に政府機関の主要ウェブサイトは週10件以上の攻撃に遭い、多い時には週40件を越えた。
 攻撃のほとんどはカナダ国内からで、次に多いのが英国と米国、そしてごく僅かではあるが中国やロシアからの攻撃も検出された。また調査期間中、34件のサービス使用不能攻撃を確認したがどれも失敗に終わっていた。
 この報告を受けて、カナダ国防省通信安全機構(CSE)の広報担当Kevin Mills氏は「これでカナダ政府が攻撃のターゲットとなっていたことが明白になった。ハッカーは 政府機関のコンピュータ・システムを防御しているファイアーウォールや他のセキュリティ対策ツールの突破に失敗したようだが、今回が無事だったからと言って、決して安穏としてはいられない」と述べた。
 報告書はカナダ政府に対し、さらに多くのハッカー検出システムを政府機関のコンピュータ・システムに実装するよう提言している。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×