災害情報 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

災害情報

台風に備え「避難」や各種災害情報に関する基本を整理 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY

台風に備え「避難」や各種災害情報に関する基本を整理

 8月も終盤にさしかかり、本格的な台風シーズンへと突入しつつある。台風の接近や大雨が降るたびに手持ちのスマートフォンには、「土砂災害警戒情報発表」や「避難勧告の発令」などとドキッとするような通知が届く。

防災情報をリアルタイムに多言語翻訳して表示(ピクセラ) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 防犯システム取材班/鷹野弘@RBB TODAY

防災情報をリアルタイムに多言語翻訳して表示(ピクセラ)

 ピクセラは21日、防災情報をリアルタイムに多言語翻訳して表示する「防災対応 テレビ字幕自動翻訳システム」と、家庭向けIoTサービス「Conteホームサービス」の防災応用事例を、

災害時における情報の集約と一元化を実現、チェックリストで対処の進捗も把握(富士通) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 防犯システム取材班/梅田勝司@RBB TODAY

災害時における情報の集約と一元化を実現、チェックリストで対処の進捗も把握(富士通)

 大災害が起きた際に、被害を最小限にとどめ、適切な対応を行うために極めて重要になるのが、正確な情報収集とスムーズな情報共有。

通信インフラがダウン状態でもスマホ同士をWi-Fi Direct機能を利用して接続する「スマホdeリレー」(構造計画研究所) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 防犯システム取材班/梅田勝司@RBB TODAY

通信インフラがダウン状態でもスマホ同士をWi-Fi Direct機能を利用して接続する「スマホdeリレー」(構造計画研究所)

 先の「平成28年熊本大地震」では多くの家屋が倒壊し、生き埋めとなった人々の生存が見込まれる「72時間問題」が改めてクローズアップされた。

自治体向けに防災・防犯に活用できる地図型地域情報共有プラットフォームを提供(NTTアドバンステクノロジ) 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班/鷹野弘@RBB TODAY

自治体向けに防災・防犯に活用できる地図型地域情報共有プラットフォームを提供(NTTアドバンステクノロジ)

 NTTアドバンステクノロジ(NTT AT)は16日、防災・防犯、観光などさまざまな用途に活用できる自治体向けの地図型地域情報共有プラットフォームを7月1日から提供開始することを発表した。

スマートフォンにカードをかざすことで視覚的に緊急災害情報を取得(国連社、サイバネットシステム、エルバホールディングス) 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班/小池明@RBB TODAY

スマートフォンにカードをかざすことで視覚的に緊急災害情報を取得(国連社、サイバネットシステム、エルバホールディングス)

 国連社、サイバネットシステム、エルバホールディングスの3社は12日、かざすだけでスマートフォンで視覚的に緊急災害情報が取得できる「危機災害情報ARカード」を今年冬から提供することを発表した。

日本語ツイートの100%を対災害SNS情報分析システムの対象に、被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルをより網羅的に把握(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY

日本語ツイートの100%を対災害SNS情報分析システムの対象に、被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルをより網羅的に把握(NICT)

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は25日、これまで日本語ツイートの10%を対象として試験公開してきた対災害SNS情報分析システム「DISAANA(ディサーナ)」(DISAster-information ANAlyzer)について、期間限定で日本語ツイート

行政情報アプリ「i広報紙」で「東京防災」の配信を開始 画像
製品・サービス・業界動向 勝田綾@リセマム

行政情報アプリ「i広報紙」で「東京防災」の配信を開始

 ホープが企画・運営する行政情報アプリ「i広報紙」は、東京都が発行する「東京防災」の配信を4月19日より開始した。災害時に役立つ情報をわかりやすくまとめた防災ブックを、スマホやタブレットで読むことができる。

安否情報の登録や検索、防災マップ等の機能を備えた災害対策・防災アプリを紹介 画像
製品・サービス・業界動向 赤坂薫@RBB TODAY

安否情報の登録や検索、防災マップ等の機能を備えた災害対策・防災アプリを紹介

 「2016年熊本地震」を受け、あらためて災害対策・防災アプリを探しているユーザーも多いと思われる。この記事では、主要な災害対策・防災アプリを紹介する。スマホに入れておけば、いざというときに役立つアプリばかりだろう。

神戸市と「災害時における地図製品等の供給等に関する協定」を締結(ゼンリン) 画像
製品・サービス・業界動向 纐纈敏也@DAYS@レスポンス

神戸市と「災害時における地図製品等の供給等に関する協定」を締結(ゼンリン)

ゼンリンは3月16日、神戸市と「災害時における地図製品等の供給等に関する協定」を締結した。

ニュースダイジェストアプリをリニューアルし地域別の災害情報を取得できる機能を強化(JX通信社) 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY

ニュースダイジェストアプリをリニューアルし地域別の災害情報を取得できる機能を強化(JX通信社)

 JX 通信社は11日、スマートフォン用ニュースダイジェストアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」をリニューアルし、地域別の災害情報を取得できる機能を強化したことを発表した。

災害発生時に複数の拠点間でのリアルタイムの情報共有・指示が可能に(パイオニアVC) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY

災害発生時に複数の拠点間でのリアルタイムの情報共有・指示が可能に(パイオニアVC)

 パシフィコ横浜で5日まで開催されていた「第20回 震災対策技術展 横浜」に出展したパイオニアVCは、同社のテレビ・Web会議システム「xSync」(バイシンク)を活用した災害発生時の緊急対策ソリューションの数々を展示した。

台風18号による記録的豪雨による災害支援のため「道路通行実績情報」をWebで公開(ヤフー) 画像
製品・サービス・業界動向 徳田龍磨@レスポンス

台風18号による記録的豪雨による災害支援のため「道路通行実績情報」をWebで公開(ヤフー)

PC/スマートフォン向け地図サービス「Yahoo!地図」は、9月9~10日の台風18号の影響による記録的豪雨による災害支援のため、栃木県などの「道路通行実績情報」をWebで公開した。

(2015年9月14日) 阿蘇山の噴火警戒レベル3、入山規制へ(総務省消防庁) 画像
脆弱性と脅威 佐藤亜希@リセマム

(2015年9月14日) 阿蘇山の噴火警戒レベル3、入山規制へ(総務省消防庁)

 総務省消防庁は9月14日午前10時10分、同日午前9時43分に噴火が発生した阿蘇山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表した。人的・物的被害やそのほかの被害は発生していない。

【防災の基礎知識】気象庁、各自治体が発令する各種警報の違いを整理 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班@RBB TODAY

【防災の基礎知識】気象庁、各自治体が発令する各種警報の違いを整理

 台風18号の影響により関東地方で猛烈な雨が降り各地で被害が出ている。それに伴い、気象庁からはさまざまな警報や注意報が発令され、各自治体からは「避難勧告」や「避難指示」が発令された。

(2015年9月10日) 台風18号による大雨・土砂災害の発生を受け自動車通行の実績情報マップを公開(グーグル) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

(2015年9月10日) 台風18号による大雨・土砂災害の発生を受け自動車通行の実績情報マップを公開(グーグル)

 グーグルは10日、台風による大雨・土砂災害の発生を受け、自動車通行の実績情報マップを公開した。

(2015年9月10日) 鬼怒川では氾濫も発生、栃木県に大雨特別警報を発表し最大級の警戒を呼びかけ(気象庁) 画像
脆弱性と脅威 奥山直美@リセマム

(2015年9月10日) 鬼怒川では氾濫も発生、栃木県に大雨特別警報を発表し最大級の警戒を呼びかけ(気象庁)

 気象庁は9月10日、栃木県に大雨特別警報を発表した。県内を流れる鬼怒川では氾濫も発生。これまで経験したことのないような大雨となっており、「重大な危険が差し迫った異常事態」として、最大級の警戒を呼びかけている。

国土交通省公開の「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班@RBB TODAY

国土交通省公開の「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援(日本IBM)

 日本IBMは4日、国土交通省・国土地理院が1日から公開した「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援したことを発表した。

多言語での災害時の防災情報表示が可能なデジタルサイネージ自動販売機を販売(ブイシンク) 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班@RBB TODAY

多言語での災害時の防災情報表示が可能なデジタルサイネージ自動販売機を販売(ブイシンク)

 ブイシンクは3日、高機能なデジタルサイネージ自動販売機「スマートベンダー」を販売開始したことを発表した。大型タッチパネル液晶を搭載しており、多言語による情報提供や災害時の防災情報表示などにも対応している。

地域住民向け緊急・災害情報を一元化しワンストップで提供するサービスを共同で開発(ゼンリンデータコム、電通、レスキューナウ) 画像
製品・サービス・業界動向 纐纈敏也@DAYS@レスポンス

地域住民向け緊急・災害情報を一元化しワンストップで提供するサービスを共同で開発(ゼンリンデータコム、電通、レスキューナウ)

ゼンリンデータコム、電通、レスキューナウの3社は、地域住民向け緊急・災害情報を一元化しワンストップで提供する地方自治体向けサービス「危機情報ナビ」を共同で開発し、今秋から提供を開始する。

東京都港区役所でデジタルサイネージに防災情報を配信、緊急時には被災状況や避難場所なども(NEC) 画像
製品・サービス・業界動向 防犯システム取材班@RBB TODAY

東京都港区役所でデジタルサイネージに防災情報を配信、緊急時には被災状況や避難場所なども(NEC)

 NECは8月31日、東京都港区のデジタルサイネージコンテンツ配信システムを構築したことを発表した。港区役所の窓口やロビーなどで区政情報や防災情報などを配信し、緊急時には被災状況や避難場所などを発信するシステムとなっている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×