日本語ツイートの100%を対災害SNS情報分析システムの対象に、被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルをより網羅的に把握(NICT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

日本語ツイートの100%を対災害SNS情報分析システムの対象に、被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルをより網羅的に把握(NICT)

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は25日、これまで日本語ツイートの10%を対象として試験公開してきた対災害SNS情報分析システム「DISAANA(ディサーナ)」(DISAster-information ANAlyzer)について、期間限定で日本語ツイート

製品・サービス・業界動向 業界動向
 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は25日、これまで日本語ツイートの10%を対象として試験公開してきた対災害SNS情報分析システム「DISAANA(ディサーナ)」(DISAster-information ANAlyzer)について、期間限定で日本語ツイートの100%を対象に運用することを発表した。熊本地震を受けての緊急対応となる。

 「DISAANA」は現在流れているツイートをリアルタイムで分析し、簡単な質問を入力するだけで膨大な災害関連情報から回答を容易に得ることができるシステム。時間の経過とともに変化する被災地のニーズや、今現在発生しているトラブルをリアルタイムに知ることができる。

 例えばノロウイルスがどこで発生しているかを知りたい場合、「どこでノロウイルスが発生していますか?」という質問を入力すると、さまざまな表現の違いなども考慮した上で幅広く回答候補を抽出し、地図上に表示する。

 また、特定エリアのトラブルを自動的に検出することも可能。例えば「熊本県」で検索すると、「土砂崩れが起きる」などの回答を一覧表示し、それらがどの地点であるかが判るようにマーカーを地図上に配置するようになっている。

 今回の熊本地震を受けて、Twitter社とNTTデータ両社の協力により、期間限定(1ヶ月の予定)で全ての日本語ツイートを対象に分析・検索することが可能になる。これにより時間経過とともに変化する被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルを、より網羅的に把握できる。「DISAANA」はPC及びスマートフォンで利用可能。

ツイートから現地の問題を抽出!対災害SNS情報分析システム

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×