2019年3月のJapan Vulnerability Notes(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.20(木)

2019年3月のJapan Vulnerability Notes(JVN)

「PowerActPro Master Agent Windows版」にファイルを編集される脆弱性(JVN) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「PowerActPro Master Agent Windows版」にファイルを編集される脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、オムロン ソーシアルソリューションズが提供する「PowerActPro Master Agent Windows版」に、アクセス制限不備の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、パーソルキャリアが提供するiOSアプリ「an」にディレクトリトラバーサルの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

「簡易CMS紀永」にシステム上の情報の取得や改ざんをされる脆弱性(JVN) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「簡易CMS紀永」にシステム上の情報の取得や改ざんをされる脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、紀永プロジェクトが提供する「簡易CMS紀永」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

Intelが複数製品のアップデートを公開、対応を呼びかけ(JVN) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Intelが複数製品のアップデートを公開、対応を呼びかけ(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Intelが複数の製品に対するアップデートを公開したと「JVN」で発表した。

iOSアプリ「iChain保険ウォレット」に、情報漏えいの脆弱性(JVN) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

iOSアプリ「iChain保険ウォレット」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、iChainが提供するiOSアプリ「iChain保険ウォレット」にディレクトリトラバーサルの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

「Dradis Community Edition」などにスクリプト実行の脆弱性(JVN) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「Dradis Community Edition」などにスクリプト実行の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Security Roots Ltdが提供する「Dradis Community Edition」および「Dradis Professional Edition」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

WordPress用プラグイン「Smart Forms」に、意図しない操作をされる脆弱性(JVN) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

WordPress用プラグイン「Smart Forms」に、意図しない操作をされる脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、RedNaoが提供するWordPress用プラグイン「Smart Forms」に、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

「Microsoft Teams」に、DLL読み込みに起因する任意コード実行の脆弱性(JVN) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「Microsoft Teams」に、DLL読み込みに起因する任意コード実行の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Microsoft社が提供する「Microsoft Teams」のインストーラに、DLL読み込みに関する脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

    Page 1 of 1
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
    <b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

    経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

    ×