内部犯行(6 ページ目) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

内部犯行(6 ページ目)

今すぐに実行できる内部からの情報漏洩対策セミナーを開催(メトロ) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

今すぐに実行できる内部からの情報漏洩対策セミナーを開催(メトロ)

 株式会社メトロは、RSAセキュリティ株式会社の協賛で、「今すぐに実行できる内部からの情報漏洩対策」セミナーを開催する。同セミナーでは、Webアクセス管理による対策(RSAClearTrust事例)、内部不正侵入防止とメール監視対策(SecureSoftT/GuadianWall事例)、クライ

セコム本社に電子メールセキュリティソリューションのデモ常設展示開始(セコムトラストネット) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

セコム本社に電子メールセキュリティソリューションのデモ常設展示開始(セコムトラストネット)

 セコムトラストネット株式会社は、セコム本社ShowCaseにて、メールからの企業情報漏洩防止対策システムの展示を開始した。同システムは、70%以上は内部犯行と言われる企業情報漏洩の中で、特に最近社会問題となりつつあるメールからの機密情報流失を防ぐソリューショ

パケット逆検知システム PAFFI を開発(横河電機) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

パケット逆検知システム PAFFI を開発(横河電機)

 横河電機株式会社は、パケット逆検知システム「PAFFI(PAcket Footmark FInder)」を開発した。今回の製品は、横河電機の高速ネットワーク監視技術をベースにした、DoS攻撃のセキュリティ対策を行うIPトレースバックシステム。ネットワーク内部の不正アクセスパケット

「Tripwire for Servers 3.0日本語版」のLinux対応版を発表(トリップワイヤ・ジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

「Tripwire for Servers 3.0日本語版」のLinux対応版を発表(トリップワイヤ・ジャパン)

 トリップワイヤ・ジャパン株式会社は、ネットワーク監視・保全ツール「Tripwire for Servers 3.0日本語版」のLinux対応版を発表した。同ソフトは、システムが安全な状態のデータを検証しておき、企業外・内部からの攻撃や不正な変更、設定ミスなどによってデータが変更

【内部犯罪による情報漏洩とその対策技術】(執筆:株式会社アークン) 画像
特集 ScanNetSecurity

【内部犯罪による情報漏洩とその対策技術】(執筆:株式会社アークン)

●背景

「Intruder Alert3.5.1J」の販売を開始(日新電機) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

「Intruder Alert3.5.1J」の販売を開始(日新電機)

 日新電機株式会社は、米シマンテック社の不正アクセス監視ツール「Intruder Alert(イントルーダ アラート)」の最新バージョン3.5.1Jの販売を開始した。同ソフトは、サーバなどのマシン内部に常駐して監視するホストベースの不正アクセス監視ツール。3.5.1Jでは、Red

企業向けファイアウォールを発表(シマンテック) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

企業向けファイアウォールを発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは8月1日、ファイアウォール製品「Symantec Enterprise Firewall ver 6.5」を発表した。  同製品は、アプリケーションプロキシ方式を採用しており、不正アクセス、不正侵入、内部からのデータ漏洩防止などをネットワーク全体のパフォーマンスを落

IT部門のコンピュータ・システム、内部からの不正アクセスに要注意(International Data Corporation社) 画像
国際 ScanNetSecurity

IT部門のコンピュータ・システム、内部からの不正アクセスに要注意(International Data Corporation社)

 米調査会社のInternational Data Corporation(IDC)社は“IT部門のコンピュータ・システムに不正アクセスを受けた経験があると回答した企業は35%を上回り、その半数は内部からのアクセスだった”とする報告書を発表した。同社の上級アナリストNatasha David氏による

セコム、日本アイ・ビー・エムなど5社がセキュリティソリューションを共同展開 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

セコム、日本アイ・ビー・エムなど5社がセキュリティソリューションを共同展開

 セコム情報システム、日本アイ・ビー・エム、日本セキュアジェネレーション、ネット・タイム、ギャブコンサルティングの5社は7月11日、情報システムにおいて、内部犯罪を含めた情報漏洩等の防止のためのセキュリティソリューションを共同展開していくことを発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 6 of 6
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×