「Tripwire for Servers 3.0日本語版」のLinux対応版を発表(トリップワイヤ・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

「Tripwire for Servers 3.0日本語版」のLinux対応版を発表(トリップワイヤ・ジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 トリップワイヤ・ジャパン株式会社は、ネットワーク監視・保全ツール「Tripwire for Servers 3.0日本語版」のLinux対応版を発表した。同ソフトは、システムが安全な状態のデータを検証しておき、企業外・内部からの攻撃や不正な変更、設定ミスなどによってデータが変更された場合に通知するもの。3.0では、発見時に自動バックアップなど予め設定したプログラムを起動できるようになり、より迅速なシステム復旧が可能となった。サポートするのは、Red Hat Linux 7.2、同7.3、Turbolinux 8 Workstation、同8 Server(すべて日本語版)。旧2.4Linux版からのアップグレード可能。出荷は12月20日より。

http://www.tripwire.co.jp/news/021206.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×