パケット逆検知システム PAFFI を開発(横河電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

パケット逆検知システム PAFFI を開発(横河電機)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 横河電機株式会社は、パケット逆検知システム「PAFFI(PAcket Footmark FInder)」を開発した。今回の製品は、横河電機の高速ネットワーク監視技術をベースにした、DoS攻撃のセキュリティ対策を行うIPトレースバックシステム。ネットワーク内部の不正アクセスパケットの発信元または流入口を特定でき、ソースアドレスが詐称されていてもIPパケットの通信経路を突き止めることができる。また、不正侵入検知システムなどの監視ツールが検知した情報をもとに、不正パケットの通信経路を逆探知して発信元を特定することが可能。同製品は、有限会社インターネット応用技術研究所(NetStar)を通じて販売されている。

PAFFI
http://www.netstar.co.jp/products/PAFFI/
横河電機 ホームページ
http://www.yokogawa.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×