パケット逆検知システム PAFFI を開発(横河電機) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

パケット逆検知システム PAFFI を開発(横河電機)

 横河電機株式会社は、パケット逆検知システム「PAFFI(PAcket Footmark FInder)」を開発した。今回の製品は、横河電機の高速ネットワーク監視技術をベースにした、DoS攻撃のセキュリティ対策を行うIPトレースバックシステム。ネットワーク内部の不正アクセスパケット

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 横河電機株式会社は、パケット逆検知システム「PAFFI(PAcket Footmark FInder)」を開発した。今回の製品は、横河電機の高速ネットワーク監視技術をベースにした、DoS攻撃のセキュリティ対策を行うIPトレースバックシステム。ネットワーク内部の不正アクセスパケットの発信元または流入口を特定でき、ソースアドレスが詐称されていてもIPパケットの通信経路を突き止めることができる。また、不正侵入検知システムなどの監視ツールが検知した情報をもとに、不正パケットの通信経路を逆探知して発信元を特定することが可能。同製品は、有限会社インターネット応用技術研究所(NetStar)を通じて販売されている。

PAFFI
http://www.netstar.co.jp/products/PAFFI/
横河電機 ホームページ
http://www.yokogawa.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×