標的型メール | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.18(日)

標的型メール

攻撃者は不正接続先マシンを攻撃インフラとして使い回す--J-CSIPレポート(IPA) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

攻撃者は不正接続先マシンを攻撃インフラとして使い回す--J-CSIPレポート(IPA)

IPAは、2016年10月~12月の四半期における「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)運用状況」を公開した。

The Onion の技術者が語る:シリア電子軍が我々の Twitter をハッキングした手口は、ここで読めます~新しいパスワードは「OnionMan77」(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

The Onion の技術者が語る:シリア電子軍が我々の Twitter をハッキングした手口は、ここで読めます~新しいパスワードは「OnionMan77」(The Register)

このハッキングの結果として、The Onion の技術者たちは、企業のソーシャルネットワーキングフィードを狙う攻撃に警戒する際、不可欠な第一歩となるのは「フィッシングに関するユーザ教育」だと話した。

標的型メールなどの職員教育は約92%が実施、しかし報告規定は約16%(警察庁) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

標的型メールなどの職員教育は約92%が実施、しかし報告規定は約16%(警察庁)

警察庁は10月14日、「サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢(平成23年4月?9月)」を発表した。これによると警察庁は同期間に、震災や原発事故に関する情報の提供を装った標的型メールが日本の民間企業などに合計約540件送付されていたことを把握した。また、震災と

「地震情報」「資料送付」などの標的型メールを800件以上確認(警察庁) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

「地震情報」「資料送付」などの標的型メールを800件以上確認(警察庁)

警察庁は9月21日、「標的型メール攻撃事案の把握状況について」を発表した。これは、警察が情報窃取の標的となるおそれのある全国約4,000の事業者などと「サイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク」を構築し、標的型メール攻撃などの情報窃取を企図したとみられる

官民で「標的型メール」の情報共有ネットワークを構築(警察庁) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

官民で「標的型メール」の情報共有ネットワークを構築(警察庁)

警察庁は8月4日、情報漏えいにつながる「標的型メール」の増加を受け企業グループと情報共有ネットワークを構築すると発表した。また、民間のウイルス対策ベンダなどと「サイバーインテリジェンス対策のための不正プログラム対策協議会」を設置した。情報共有ネットワー

    Page 1 of 1
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
    <b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

    経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

    ×