標的型攻撃の疑いのあるメールの件名に警告コメントを追加するサービス(キヤノンITS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

標的型攻撃の疑いのあるメールの件名に警告コメントを追加するサービス(キヤノンITS)

キヤノンITSは、クラウドサービス「GUARDIANセキュリティ サービス」のラインアップに「標的型メール検知 サービス」を追加し、5月11日より提供を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は5月9日、クラウドサービス「GUARDIANセキュリティ サービス」のラインアップに「標的型メール検知 サービス」を追加し、5月11日より提供を開始すると発表した。同サービスは、なりすましや拡張子偽装など、標的型攻撃の疑いがあるメールを検知し、件名に警告メッセージを挿入することにより、メール受信者の不用意な開封を抑制するもの。

メールをクラウドサービスの「GUARDIANセキュリティ サービスセンター」を経由させることで、メールに標的型攻撃の疑いがあるかを検査し、標的型攻撃メールの可能性が高いと判断されたメールの件名に【標的型攻撃メールの恐れあり】という警告コメントを挿入する。クラウドサービスのためサーバ機器などが不要で利用でき、短期間で導入できる。初期費用は10,000円、月額費用は1アカウントあたり150円。なお、他のGUARDIANセキュリティ サービスと組み合わせることも可能となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×