2016年9月の調査・ホワイトペーパーのニュース記事一覧 | 調査・レポート・白書 | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

2016年9月の調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパーニュース記事一覧

2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト) 画像
調査・ホワイトペーパー

2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト)

ジェムアルトは、データ漏えいの深刻度を指標化した「2016年上半期 Breach Level Index」の結果を発表した。

攻撃者はコストをかけてフィッシングの罠、10代でも10万円以上の高額被害(BBソフトサービス) 画像
脅威動向

攻撃者はコストをかけてフィッシングの罠、10代でも10万円以上の高額被害(BBソフトサービス)

BBソフトサービスは、「インターネット詐欺リポート(2016年8月度)」を発表した。また、インターネット詐欺被害の実態に関するアンケート調査の結果を公開している。

ピーク時363GbpsのDDoS攻撃を記録、ブラジルからの攻撃も過去最大に(アカマイ) 画像
調査・ホワイトペーパー

ピーク時363GbpsのDDoS攻撃を記録、ブラジルからの攻撃も過去最大に(アカマイ)

アカマイは、2016年第2四半期の「インターネットの現状」レポートを発表した。

75%が自社ネットワークの暗号化通信に隠れたマルウェアの危険を認識(A10) 画像
調査・ホワイトペーパー

75%が自社ネットワークの暗号化通信に隠れたマルウェアの危険を認識(A10)

A10は、A10 Networks社とPonemon Instituteが共同で実施したネットワークセキュリティ調査「暗号化トラフィック内に隠れた脅威:北米と欧州の調査」の結果を発表した。

CSIRT、SOCの設置率は2年前から10%増加、しかし約4割が情報漏えいや操業停止を経験(トレンドマイクロ) 画像
調査・ホワイトペーパー

CSIRT、SOCの設置率は2年前から10%増加、しかし約4割が情報漏えいや操業停止を経験(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「法人組織におけるセキュリティ対策 実態調査 2016年版」を発表した。

メール攻撃に使用される日本語が洗練され、判断が困難に--上半期レポート(日本IBM) 画像
調査・ホワイトペーパー

メール攻撃に使用される日本語が洗練され、判断が困難に--上半期レポート(日本IBM)

日本IBMは、「2016年上半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。

「組織幹部がサイバーセキュリティを重視している」、日本は最低の結果に(マカフィー) 画像
調査・ホワイトペーパー

「組織幹部がサイバーセキュリティを重視している」、日本は最低の結果に(マカフィー)

マカフィーは、危機的なセキュリティ人材不足問題についてまとめた国際調査レポート「Hacking the Skills Shortage(人材不足の解消)」(日本語版)を発表した。

    Page 1 of 1
    ★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
    ★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

    2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

    ×