総務省「無線LANセキュリティガイドライン」更新、自宅と公衆に分冊 | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

総務省「無線LANセキュリティガイドライン」更新、自宅と公衆に分冊

 総務省は3月1日、「無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティに関するガイドライン」の更新を行ったと発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 総務省は3月1日、「無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティに関するガイドライン」の更新を行ったと発表した。

 今回更新された令和6年3月版の利用者向けガイドラインでは、自宅Wi-Fi利用者用と公衆Wi-Fi利用者用に分冊されている。

 安全な自宅Wi-Fiの利用のために必要なセキュリティ対策への理解を深めることを目的とした「自宅Wi-Fi利用者向け 簡易マニュアル」では、セキュリティ対策のポイントとして下記3点を挙げ、解説を行っている。

1.セキュリティ方式 は「WPA2またはWPA3」を選択
2.パスワードは第三者に推測されにくいものに
3.ファームウェアを最新の状態に

 安全な公衆Wi-Fiの利用のために必要なセキュリティ対策への理解を深めることを目的とした「公衆Wi-Fi利用者向け 簡易マニュアル」では、セキュリティ対策のポイントとして下記2点を挙げ、解説を行っている。

1.接続するアクセスポイントをよく確認
2.正しいURLでHTTPS通信しているか確認

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×