ソリューションを一新、「ePO」をSaaS型にし他社製品も一元管理(マカフィー) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

ソリューションを一新、「ePO」をSaaS型にし他社製品も一元管理(マカフィー)

マカフィーは、新しい発想によるセキュリティポートフォリオ「McAfee MVISION(Multi Vendor InSights & Intelligence Open Environment:MVISION)」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マカフィー株式会社は8月7日、新しい発想によるセキュリティポートフォリオ「McAfee MVISION(Multi Vendor InSights & Intelligence Open Environment:MVISION)」を発表した。MVISIONは、「McAfee MVISION ePO」「McAfee MVISION Endpoint」「McAfee MVISION Mobile」から構成されるもので、他社製品との協調が可能で、幅広いデバイスを一元的に管理できる。ライセンス体系も一新した。

管理コンソール「MVISION ePO(ePolicy Orchestrator)」はSaaS型、およびAWS対応版が新たに用意され、自動アップデートによる維持管理コストやインフラコストが不要になる。エンドポイント対策の「MVISION Endpoint」は、機械学習を搭載しファイルレスマルウェアの防御にも対応。Windows 10に搭載されているセキュリティ機能を補完する。「MVISION Mobile」は、iOSとAndroidに対応したセキュリティ対策機能で、MDM連携にも対応する。マルウェアをはじめ脆弱性対策やネットワークからの攻撃も保護する。

ライセンス体系は、「MVISION Standard」と「MVISION Plus」の2種類のスイートライセンスを用意。年単位のサブスクリプションライセンスで提供する。また、新たにユーザライセンス方式を採用し、従来のノード(デバイス)単位からユーザ単位の課金モデルとし、1ユーザあたり5デバイスまでライセンスを使用できる。販売価格は、SaaS型MVISION ePOを提供する「Standard」が、ユーザあたり4,501円/1,000ユーザ、フルスイート製品となる「Plus」が、ユーザあたり9.184円/1,000ユーザとなる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×