11月もドライブバイダウンロードが脅威。Javaベース増加--月刊レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

11月もドライブバイダウンロードが脅威。Javaベース増加--月刊レポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japanは12月8日、2010年11月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートでは、11月に最も深刻な脅威となったのは、ユーザが正規のWebサイトを訪問するだけでPCが感染するドライブバイダウンロード攻撃であったとしている。インター

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Kaspersky Labs Japanは12月8日、2010年11月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートでは、11月に最も深刻な脅威となったのは、ユーザが正規のWebサイトを訪問するだけでPCが感染するドライブバイダウンロード攻撃であったとしている。インターネット上で検知されたマルウェアTop 20には、9種類のエクスプロイトがランクインしており、ドライブバイダウンロード攻撃で使用される3種類のリダイレクトとスクリプトダウンローダが含まれている。

また、Java言語で記載されたマルウェアが最近2カ月間で著しく増えている。これらはドライブバイダウンロード攻撃でエクスプロイトと同じような働きをするが、被害者のPCにマルウェアをダウンロードするのに、エクスプロイトのように脆弱性を悪用するのではなく、URLクラスのOpenConnectionメソッドを使用している。11月のインターネット上のマルウェアランキングでは「Trojan-Downloader.Java.OpenConnection.bu」が首位になっており、このほかOpenConnectionメソッドを使用するマルウェアが21位と26位にランクしている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207581651

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×