11月もドライブバイダウンロードが脅威。Javaベース増加--月刊レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

11月もドライブバイダウンロードが脅威。Javaベース増加--月刊レポート(カスペルスキー)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Kaspersky Labs Japanは12月8日、2010年11月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートでは、11月に最も深刻な脅威となったのは、ユーザが正規のWebサイトを訪問するだけでPCが感染するドライブバイダウンロード攻撃であったとしている。インターネット上で検知されたマルウェアTop 20には、9種類のエクスプロイトがランクインしており、ドライブバイダウンロード攻撃で使用される3種類のリダイレクトとスクリプトダウンローダが含まれている。

また、Java言語で記載されたマルウェアが最近2カ月間で著しく増えている。これらはドライブバイダウンロード攻撃でエクスプロイトと同じような働きをするが、被害者のPCにマルウェアをダウンロードするのに、エクスプロイトのように脆弱性を悪用するのではなく、URLクラスのOpenConnectionメソッドを使用している。11月のインターネット上のマルウェアランキングでは「Trojan-Downloader.Java.OpenConnection.bu」が首位になっており、このほかOpenConnectionメソッドを使用するマルウェアが21位と26位にランクしている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207581651

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×