小学6年生の約9割がインターネットを利用も、情報モラルの理解は進まず(NTTレゾナント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

小学6年生の約9割がインターネットを利用も、情報モラルの理解は進まず(NTTレゾナント)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTレゾナント株式会社と株式会社 三菱総合研究所は11月12日、小学生向けポータルサイト「キッズgoo」上において、小学生の子どもを持つ保護者を対象に実施した、小学生のインターネット利用に関するアンケートの調査結果を発表した。有効回答数は7,657名。調査結果によると、小学生のインターネットの利用は一般化し、6年生では約9割が利用していることがわかった。また、家族がきっかけとなってインターネットを利用した小学生は約5.5割となっている。

 小学生のいる家庭においてフィルタリングサービスの利用は2年連続で増加しており、25%の家庭が利用していた。一方で、小学校の指導要領で義務化された「情報モラル」教育。保護者の「情報モラル」の理解は2割弱にとどまった。小学生への「情報モラル」教育は、「主に親が教える」と考えている保護者が半数を超えるものの、「主に学校で教える」と回答は28%と昨年より倍増し、学校での情報モラル教育に期待している保護者が増えている。


http://help.goo.ne.jp/info/detail/1355/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×