2008年に教諭が紛失したUSBメモリの内容を印刷した資料、学校周辺に放置(茅ヶ崎市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

2008年に教諭が紛失したUSBメモリの内容を印刷した資料、学校周辺に放置(茅ヶ崎市)

製品・サービス・業界動向 業界動向

神奈川県茅ヶ崎市は8月25日、同市立浜之郷小学校の内部資料が放置されていたのが発見されたと発表した。これは8月22日から23日にかけて、同小学校の校門や周辺の路上に資料が放置されていたというもの。これらの資料は、2008年5月に同小学校の女性教諭が教室内で紛失したUSBメモリに記録されていたものと同一であると見られるという。

放置されていた資料は、紛失したUSBメモリに記録されていたデータを印刷したもので、同女性教諭が紛失当時に担任をしていた4年生の学級名簿(29名)や、以前に臨時職員をしていた秋田県内にある小学校の児童1名の行動記録が記載されていた。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×