任天堂ゲームのクラッカー集団「Team Xecuter」、約17億円の損害賠償を支払うことに | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

任天堂ゲームのクラッカー集団「Team Xecuter」、約17億円の損害賠償を支払うことに

数千万ドル稼いだ組織に対して、クッパの実生活は質素な暮らしぶりだったようです。

製品・サービス・業界動向 業界動向

海外メディアViceは、任天堂ゲームに対するクラッカー集団「Team Xecuter」の顔役とされるGary Bowser氏の米国での裁判に関して、さらなる情報を報じました。この裁判は被告の名字が「クッパ」の英語名と同じ「Bowser」であることから国内外で注目を浴びています

裁判の記録によると、創業者Max Louarnと幹部Yuanning Chenを中心に活動していた「Team Xecuter」は最も“多作な”ビデオゲームハッキンググループのひとつとされ、任天堂ゲームを不正利用できるデバイスの開発・販売で数千万ドルの収益をあげていたとのことです。

この犯罪組織においてBowser氏は、1万本以上の違法なゲームコピーを含むウェブサイトを運営していたとして懲役40ヶ月の判決を言い渡され、さらに任天堂へ450万ドルの損害賠償を支払うことに。関連した民事訴訟についても1000万ドルの支払いを命じられているため、最終的に同氏が支払う予定の金額は1,450万ドル(日本円にして約17億円)になります。

なお、裁判の中で弁護士側は「Bowser氏は、創業者Max Louarnに利用されていた」と説明しました。組織が莫大な利益を上げていた一方で、同氏はウェブサイト運営の報酬として毎月500~1000ドルを受け取っていたといいます。その根拠として彼が暮らしていた住居の写真を提出。Facebookで確認できるLouarnの派手な暮らしぶりに反して、Bowser氏は古いアパートでの質素な生活を送っていたようです。

「Team Xecuter」創業者と幹部が未だ逮捕されていないなか、ウェブサイト運営に関わった人物に下された今回の判決。任天堂は、米国法執行機関へ感謝を述べるプレスリリースを発表しています。


損害賠償は約17億円…任天堂に訴えられたハッカー「クッパ」が支払う最終金額が確定

《麦秋》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×