Weekly Topics:求められるサイバー犯罪取り締まり | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

Weekly Topics:求められるサイバー犯罪取り締まり

「一部の国でサイバー犯罪防止に関する関心が十分でない」との見解を、英国eBayで信用・安全を担当するマーク・リーが述べている。3月第1週にロンドンで開催されたe-Crime Congress(電子犯罪会議)でのことで、オークションサイトをターゲットにする詐欺犯罪者への対応

国際 海外情報
「一部の国でサイバー犯罪防止に関する関心が十分でない」との見解を、英国eBayで信用・安全を担当するマーク・リーが述べている。3月第1週にロンドンで開催されたe-Crime Congress(電子犯罪会議)でのことで、オークションサイトをターゲットにする詐欺犯罪者への対応が、満足のいくレベルではないとしている。

リーが例に挙げたのはルーマニア、中国、ロシアで、調査では、この3カ国がeBayのユーザをターゲットにしたフィッシングメールの大半の送信元となっている。中でもひどいのは、組織的な犯行を展開するルーマニアだ。街ぐるみでeBayなどのサイト利用者を攻撃するサイバー犯罪を行い、主な収入源としている場所が複数あるそうだ。

また、ルーマニアの警察をはじめとする捜査機関の、サイバー犯罪へのフォーカスが、首都のブカレストであるのも問題だとする。eBayの調査では、実際に犯罪を仕掛けているのは、ブカレストのような大都市ではなく小さい街だからだ。

ルーマニアがサイバー犯罪の中心となっているとして、非難されるようになったのは2003年ごろからだ。同年12月に英国BBC放送が詳しいレポートを行っているが、1989年まで独裁政権を持っていた、故チャウシェスク大統領は、ルーマニアを近代的なテクノロジー大国にしようという野望を持っていたという。そのため優れた技術力を持った人材に事欠かず、実際、民主化後には多くのプログラマーが、その能力を買われて、米国や西欧諸国へと移っている。

一方で、革命後はインフレと高い失業率に悩まされ、諸外国へと移らずにルーマニアにとどまった技術者は、ハッキングなどのサイバー犯罪に手を染めるケースが増えている。ルーマニア政府も…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×