OpenSSH 2.2.0〜3.1.0のバージョンでローカルの脆弱性が発見される | ScanNetSecurity
2021.10.23(土)

OpenSSH 2.2.0〜3.1.0のバージョンでローカルの脆弱性が発見される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、root権限が乗っ取られる危険性があるローカル環境での脆弱性が、OpenSSHで発見された。Andrew File System(AFS)トークンパス、及びKerberosバージョン4 TicketGranting Ticket(TGT)パスに対する不正要求を出すこ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、root権限が乗っ取られる危険性があるローカル環境での脆弱性が、OpenSSHで発見された。Andrew File System(AFS)トークンパス、及びKerberosバージョン4 TicketGranting Ticket(TGT)パスに対する不正要求を出すことで、コードを挿入し、特権レベルで任意コードを実行することができてしまう。この問題はOpenSSH 2.2.0から3.1.0のバージョンで報告されている。また、Linuxシステムに対する攻撃ツールは、既に公にリリースされているようである。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【11:18 GMT、04、19、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×