OpenSSH 2.2.0〜3.1.0のバージョンでローカルの脆弱性が発見される | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

OpenSSH 2.2.0〜3.1.0のバージョンでローカルの脆弱性が発見される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、root権限が乗っ取られる危険性があるローカル環境での脆弱性が、OpenSSHで発見された。Andrew File System(AFS)トークンパス、及びKerberosバージョン4 TicketGranting Ticket(TGT)パスに対する不正要求を出すこ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、root権限が乗っ取られる危険性があるローカル環境での脆弱性が、OpenSSHで発見された。Andrew File System(AFS)トークンパス、及びKerberosバージョン4 TicketGranting Ticket(TGT)パスに対する不正要求を出すことで、コードを挿入し、特権レベルで任意コードを実行することができてしまう。この問題はOpenSSH 2.2.0から3.1.0のバージョンで報告されている。また、Linuxシステムに対する攻撃ツールは、既に公にリリースされているようである。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【11:18 GMT、04、19、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×