2002年3月不正アクセス届出状況(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2022.12.06(火)

2002年3月不正アクセス届出状況(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2002年3月のコンピュータ不正アクセスの届出状況を発表した。同報告書によると、3月度の届出件数は90件と、過去3番目に多い件数で、前年同月の3.7倍であるとのこと。そのうちアクセス形跡が71件と高い数字で

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2002年3月のコンピュータ不正アクセスの届出状況を発表した。同報告書によると、3月度の届出件数は90件と、過去3番目に多い件数で、前年同月の3.7倍であるとのこと。そのうちアクセス形跡が71件と高い数字であった。アクセス形跡は、通常ツール(プログラム)を利用して自動的に行われるので、無差別に、また頻繁に行われる場合が多いとのこと。IPA/ISECでは、時々ログを見て、どのようなアクセスがあったのか、不振な記録などがないかを確認するよう呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20020404/0203.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×