2002年3月コンピュータウイルス届出状況(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

2002年3月コンピュータウイルス届出状況(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2002年3月のコンピュータウイルス届出状況を発表した。同報告書によると、3月度の届出件数は1460件で、前月の1439件と同水準であったが、実害率は2月の8.8%から3月は10.5%と若干上昇したとのこと。3月の届

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2002年3月のコンピュータウイルス届出状況を発表した。同報告書によると、3月度の届出件数は1460件で、前月の1439件と同水準であったが、実害率は2月の8.8%から3月は10.5%と若干上昇したとのこと。3月の届出上位3種は、W32/Badtrans、W32/Klez、W32/Fboundであり、これらはすべて亜種である。3月に発見された W32/Fboundウイルスには、212件もの届出が報告された。このウイルスは、日本語件名を使用する初めてのウイルスで、知り合いから来た添付ファイルを実行し、感染するケースが多発。実害率は26.4%にも上っている。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2002_04outline.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×