Nimdaと同じセキュリティホールを利用する「Klez.A」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.14(木)

Nimdaと同じセキュリティホールを利用する「Klez.A」

脆弱性と脅威 脅威動向

 Nimdaが利用しているセキュリティホールと同じ物を利用するワーム型ウイルス「Klez.A」が発見された。
 このウイルスは、E-Mailに自身のコピーを添付して送信すると同時に、ネットワーク上にある全ての共有ドライブに自身をコピー。Nimdaと同様に、Internet Explorerのセキュリティホールを悪用し、メールがプレビューされただけで活動を開始する。また、アンチウイルスソフトを停止するプロセスも組み込まれており、注意が必要だ。

 なお、届いたメールの内容は基本的に不定だが、以下のメッセージが記載されている。

I'm sorry to do so,but it's helpless to say sorry.
I want a good job,I must support my parents.
Now you have seen my technical capabilities.
How much my year-salary now? NO more than $5,500.
What do you think of this fact?
Don't call my names,I have no hostility.
Can you help me?

 また、ランダムなファイル名のEXEファイルが添付されており、このファイルを実行すると感染してしまう。

 感染したマシンは、メモリにウイルスが常駐。Windowsのシステムディレクトリに以下のファイルを作成する。

・KRN132.EXE
・wqk.exe(以前発見されたウイルス「PE_ELKERN.A」)

 さらに、レジストリを編集し、以下のようなエントリを作成。自動で実行できるようにしてしまう。

場所:
HKEY_LOCAL_MACHINESoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionRun
  値:Krn132 = <Windowsのシステムディレクトリ>Krn132.exe
  値:wqk = <Windowsのシステムディレクトリ>wqk.exe



 関係各所の対応状況は以下の通りである。

▼トレンドマイクロ
 パターンファイル960または160以降で対応。

ウイルス詳細:
http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/default3.asp?VName=TROJ_KLEZ.A
パターンファイルダウンロードサイト:
http://www.trendmicro.co.jp/support/index.htm

▼シマンテック
 10月26日付の定義ファイルで対応。

ウイルス詳細:
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.klez.a%40mm.html
定義ファイルダウンロードサイト:
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/defs.download.html

▼日本ネットワークアソシエイツ
 DATファイル4168以降、エンジンバージョン4.0.70以降で対応。

ウイルス詳細:
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virK.asp?v=W32/Klez@MM
DATファイルダウンロードサイト:
http://www.nai.com/japan/download/dat.asp

▼日本エフ・セキュア
 マイクロソフト社から配布されているパッチの摘要を推奨。

ウイルス詳細:
http://www.f-secure.com/v-descs/klez.shtml

▼シー・エス・イー
 最新の定義ファイルにて対応。

ウイルス詳細:
http://www.cseltd.co.jp/security/sav/virusinfo/analyses/w32klez.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  5. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  7. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  8. パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  9. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

  10. サポート終了のモバイルルータ「PWR-Q200」に脆弱性、使用中止を呼びかけ(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×