2000年10月〜12月のコンピュータ不正アクセス動向を発表(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

2000年10月〜12月のコンピュータ不正アクセス動向を発表(JPCERT/CC)

 JPCERT/CC(コンピュータ緊急対応センター)は、2000年10月1日〜12月31日におけるコンピュータ不正アクセス動向を発表した。この期間に報告された件数は全体で518件。内訳はプローブやスキャンなどの不審なアクセスが401件、メールの中継を目的としたプログラムへのア

製品・サービス・業界動向 業界動向
 JPCERT/CC(コンピュータ緊急対応センター)は、2000年10月1日〜12月31日におけるコンピュータ不正アクセス動向を発表した。この期間に報告された件数は全体で518件。内訳はプローブやスキャンなどの不審なアクセスが401件、メールの中継を目的としたプログラムへのアクセスが24件、メールの送信ヘッダを詐称したメールの配信が39件、システムへの侵入が27件、大量のパケットや予期しないデータの送信などサイトの運用妨害を狙ったものが6件、ウイルスやWeb改ざんなどその他が21件となっている。

http://www.jpcert.or.jp/pr/2001/pr010001.txt


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×