2000年10月〜12月のコンピュータ不正アクセス動向を発表(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

2000年10月〜12月のコンピュータ不正アクセス動向を発表(JPCERT/CC)

 JPCERT/CC(コンピュータ緊急対応センター)は、2000年10月1日〜12月31日におけるコンピュータ不正アクセス動向を発表した。この期間に報告された件数は全体で518件。内訳はプローブやスキャンなどの不審なアクセスが401件、メールの中継を目的としたプログラムへのア

製品・サービス・業界動向 業界動向
 JPCERT/CC(コンピュータ緊急対応センター)は、2000年10月1日〜12月31日におけるコンピュータ不正アクセス動向を発表した。この期間に報告された件数は全体で518件。内訳はプローブやスキャンなどの不審なアクセスが401件、メールの中継を目的としたプログラムへのアクセスが24件、メールの送信ヘッダを詐称したメールの配信が39件、システムへの侵入が27件、大量のパケットや予期しないデータの送信などサイトの運用妨害を狙ったものが6件、ウイルスやWeb改ざんなどその他が21件となっている。

http://www.jpcert.or.jp/pr/2001/pr010001.txt


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×