携帯端末などを使ったインターネットでのカード決済方式を決めるコンソーシアムを設立(ACCESS、主要クレジットカード会社6社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

携帯端末などを使ったインターネットでのカード決済方式を決めるコンソーシアムを設立(ACCESS、主要クレジットカード会社6社)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社ACCESSと日本信販株式会社など主要クレジットカード会社6社は、携帯端末などを使ったインターネットでのカード決済方式を決めるコンソーシアム「PKICC(ピーキック)」を設立した。同団体は、ACCESSと日本信販が本年2月に開発した「携帯電話など非PC端末からインターネットショッピングのクレジットカード支払いを可能とする決済方式」の取引仕様/ルールの決定や具体的な運用等の検討を共同して行うために結成されたもので、今後は加えてインターネットショッピングでの安全・確実な取引の実現を図る三者間(顧客/加盟店/カード会社)相互認証方式の検討、認証書配布システムの構築・提供といった一連のインフラ整備を行っていく。参加カード会社は日本信販のほか、ジェーシービー、住友クレジットサービス、ディーシーカード、ミリオンカード・サービス、ユーシーカード。この他のカード会社/信販会社や金融機関、端末メーカーや通信会社、モール運営業者などにも順次参加を呼びかける予定。

http://www.nicos.co.jp/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×