Linux Server用ゲートウェイウイルス対策製品を発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

Linux Server用ゲートウェイウイルス対策製品を発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は8月23日、ゲートウェイウイルス対策製品「InterScan VirusWall for Linux ver.3.6」を発表した。  同製品はインターネットゲートウェイで、SMTP、HTTP、FTPの転送ファイルとe-mailの添付ファイルをリアルタイムでチェックするもので、ウイ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は8月23日、ゲートウェイウイルス対策製品「InterScan VirusWall for Linux ver.3.6」を発表した。
 同製品はインターネットゲートウェイで、SMTP、HTTP、FTPの転送ファイルとe-mailの添付ファイルをリアルタイムでチェックするもので、ウイルスが社外、社内へ流出しないように常時監視することができる。
 今回の「InterScan VirusWall for Linux ver.3.6」に追加された新機能は、「InterScan eManager」のプラグインソフトウェアに対応するためのプラグイン、警告メールの発信者の設定機能、外部からのメールリレイ防止機能、マクロの削除機能、ログファイル・パターンファイルの自動削除機能、感染メールのアウトバウンドブロック機能等がある。
 なお、発売は8月28日の予定となっており、ライセンス販売となっている。

http://www.trendmicro.co.jp/company/news/news000823.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×