WAPフォーラム、WTLSの暗号アルゴリズムにRC5を指定(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

WAPフォーラム、WTLSの暗号アルゴリズムにRC5を指定(米RSA Security)

 米RSA Securityは4月26日、WAPプロトコルの策定団板であるWAPフォーラムにおいて、WAPのワイアレス・トランスポート・レイヤー・セキュリティ・プロトコル(WTLS)の暗号化アルゴリズムとして、同社が開発したRC5暗号化アルゴリズムが指定されたことを発表した。  RC

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは4月26日、WAPプロトコルの策定団板であるWAPフォーラムにおいて、WAPのワイアレス・トランスポート・レイヤー・セキュリティ・プロトコル(WTLS)の暗号化アルゴリズムとして、同社が開発したRC5暗号化アルゴリズムが指定されたことを発表した。
 RC5は1994年に開発したデータ暗号化/復号化アルゴリズム。共通鍵暗号のうちブロック暗号という分類に入り、固定長の平分ブロック長から同じビット長の暗号文を作り出すもの。実装サイズが小さいために、十分な帯域幅やメモリ、処理能力をワイアレス・アプリケーションに持たせることが可能で、ワイアレス環境でのプライバシーや検証、証明済みメッセージの完全性、否認防止などの諸機能を付加する。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200004261.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×