毎年4月26日に作動する“CIH”ウィルスについて警告(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2023.02.09(木)

毎年4月26日に作動する“CIH”ウィルスについて警告(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア社は21日、毎年4月26日に作動するCIHウィルス(別名:チェルノブイリ型ウィルス)について警告を発した。同ウィルスが昨年4月に活動した際には、200万台以上のパソコンがデータ損失などの被害を受けており、最も破壊的なウィルスとして注意が必要で

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本エフ・セキュア社は21日、毎年4月26日に作動するCIHウィルス(別名:チェルノブイリ型ウィルス)について警告を発した。同ウィルスが昨年4月に活動した際には、200万台以上のパソコンがデータ損失などの被害を受けており、最も破壊的なウィルスとして注意が必要である。同社によると、2000年中のCIHウィルスによる被害は、1999年度の被害ほど大きいものにはならず、昨年中にアンチ・ウイルス・ソフトウェアをアップデートしていれば、CIHウィルスを検知することができるため問題は生じないとのこと。ただ、アップデートを行っていないユーザーに対しては、早めにアップデートするよう注意を呼びかけている。

世界のCIH情報センター: http://www.F-Secure.com/cih/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×