毎年4月26日に作動する“CIH”ウィルスについて警告(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

毎年4月26日に作動する“CIH”ウィルスについて警告(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本エフ・セキュア社は21日、毎年4月26日に作動するCIHウィルス(別名:チェルノブイリ型ウィルス)について警告を発した。同ウィルスが昨年4月に活動した際には、200万台以上のパソコンがデータ損失などの被害を受けており、最も破壊的なウィルスとして注意が必要である。同社によると、2000年中のCIHウィルスによる被害は、1999年度の被害ほど大きいものにはならず、昨年中にアンチ・ウイルス・ソフトウェアをアップデートしていれば、CIHウィルスを検知することができるため問題は生じないとのこと。ただ、アップデートを行っていないユーザーに対しては、早めにアップデートするよう注意を呼びかけている。

世界のCIH情報センター: http://www.F-Secure.com/cih/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×