「暗号利用技術ハンドブック 第2版」を公表(電子商取引実証推進協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.07.27(木)

「暗号利用技術ハンドブック 第2版」を公表(電子商取引実証推進協議会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 電子商取引実証推進協議会(ECOM)は、セキュリティ機能を実現した電子商取引システム構築の基礎となる、暗号技術利用のための解説書「暗号利用技術ハンドブック 第2版」をまとめた。同書はシステムエンジニア、システム管理者などを主な読者と想定したもので、各種暗号についての知識や安全な暗号システム構築方法について分かりやすく解説している。また、日本や米国における暗号製品の輸出規制に関する最新状況についての記述もある。発売日は未定だが、実費により一般配布する予定。

http://www.ecom.or.jp/seika/press/h11seika/0330security-press.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

    リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  2. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  3. ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン)

    ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン)

  4. 給料、現場、成長…、セキュリティの仕事の「今」をセキュ鉄の服部氏に聞いた

  5. インシデントレスポンスと事前・事後対策など「防御モデル」を解説(総務省)

  6. ビギナー向け情報セキュリティハンドブックを電子書籍化し、無料で配布(NISC)

  7. 来春誕生日本最大外資系損保「AIG損害保険」の日本サイバー保険市場への野心

  8. コネクテッドカー向けのレッドチームサービスとSOCサービスを提供(アズジェント)

  9. エンタープライズ向けに標的型攻撃対応クラウドベースソリューション(アカマイ)

  10. 対象を問わず利用できるガイドブックのセミナー用スライドを無償提供(カスペルスキー、SPREAD)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×