FTPソフト大手のVan Dyke TechnologiesへRSA BSAFE Crypto-Cをライセンス(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

FTPソフト大手のVan Dyke TechnologiesへRSA BSAFE Crypto-Cをライセンス(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米RSA Security社は4月18日、インターネット・ソフト開発会社のVan Dyke Technologies, Inc.へRSA BSAFE Crypto-Cをライセンスしたと発表した。Van Dyke社はRSA BSAFE Crypto-Cを用い、ログイン情報とFTPセッションのデータを暗号化できるファイル転送ソフト「SecureFX」に、Secure Shell バージョン2(SSH2)を実装。これにより、インターネットあるいはイントラネット経由におけるSecurFXクライアントからSSH2サーバー間のFTPデータを保護できる。
 同製品は、RSA BSAFE Crypto-Cにより、168ビット長のトリプルDESと、128ビット長のRC4、1024ビット長のDSAを使ったハイレベルのセキュリティが組み込まれており、SSH2のセキュリティと標準のFTPクライアントを併せ持つ初の製品となった。

http://www.rsasecurity.com/

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×